リチャード・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リチャード・ニューウェル・クーパー(Richard Newell Cooper、1934年6月14日 - )は、国際金融論、国際経済学を専門とするアメリカ合衆国経済学者であり、ハーバード大学教授である。ジミー・カーター大統領の下で国務次官を務め、一時的には国務長官代理をも務めた。

略歴[編集]

著作[編集]

日本語訳[編集]

  • 『国際金融システム――過去・現代・未来』、武藤恭彦訳、HBJ出版局、1988年
  • スタンレー・フィシャー、リチャード・N・クーパー、ルディガー・ドーンブッシュほか著、『IMF資本自由化論争』、岩本武和監訳、岩波書店、1999年

主著[編集]

  • The Economics of Interdependence, Columbia University Press, 1968
  • A Re-ordered World (editor and contributor), 1973
  • Economic Policy in an Interdependent World, The MIT Press, 1987
  • The International Monetary System, MIT Press, 1987
  • Can Nations Agree? (co-author), 1989
  • Economic Stabilization and Debt in Developing Countries, The MIT Press, 1992
  • Boom, Crisis and Adjustment: the Macroeconomic Experience of Developing Countries (co-author), World Bank, 1993
  • Environment and Resource Policies for the World Economy, Brookings Inst Pr, First Edition edition, 1994
  • Macroeconomic Policy and Adjustment in Korea, 1970-1990 (editor and contributor), 1994
  • Trade Growth in Transition Economies (co-editor and contributor), 1997
  • What the Future Holds (co-editor and contributor), 2002