リシャルト・バクスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

リシャルト・バクストRyszard Bakst, 1926年4月4日1999年3月25日)はポーランド出身のピアニストユダヤ系ロシア人の芸術家の出で、後半生はイギリスで音楽教師として活躍した[1]

ロシア帝国の画家レオン・バクストの後裔に当たる。母親からピアノの手解きを受けた後、ユゼフ・トゥルチンスキと(1927年第1回ショパン国際ピアノコンクール入賞者の)アブラム・ルフェルに師事。その後はモスクワ音楽院コンスタンチン・イグムノフゲンリフ・ネイガウスに師事し、最後にズビグニェフ・ジェヴィエツキの薫陶を受けた。1949年度第4回ショパン国際ピアノコンクールに入賞して欧米で演奏を行なった。1968年に渡英する。

主要な門人にヤヌシュ・オレイニチャクマレイ・マクラクランロナン・オーラロナン・オホラ)ら。

注釈[編集]

  1. ^ Ryszard Bakst, a biography at the Fryderyk Chopin Institute