コンスタンチン・イグームノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コンスタンチン・イグームノフ
Константин Игумнов
Могила пианиста Николая Игумнова.JPG
コンスタンチン・イグームノフの墓
基本情報
生誕 (1873-05-01) 1873年5月1日
Flag of the Russian Empire (black-yellow-white).svg ロシア帝国
タンボフ州 リェベジャナ
死没 (1948-05-24) 1948年5月24日(75歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
音楽教師
作曲家
担当楽器 ピアノ

コンスタンチン・ニコラーイェヴィチ・イグームノフロシア語: Константин Николаевич Игумнов ; Konstantin Nikolayevich Igumnov, 1873年5月1日 タンボフ州リェベジャナ - 1948年5月24日 モスクワ)は、ロシア超絶技巧ピアニスト、音楽教師、作曲家

略歴[編集]

1873年、リペツク州近郊レベデャンの商家に生まれる。父のニコライは音楽と文学を愛好する学識豊かな人として知られていた。

幼いころから音楽の才能が見られ、4歳からピアノを弾きはじめる。中学予備校(プロギムナジヤ)で学び、1886年には友人と一緒に演奏会を開いている。1887年からは第一モスクワ古典ギムナジウムでも同時に学び、ニコライ・ズヴェーレフについてピアノを学ぶ(セルゲイ・ラフマニノフアレクサンドル・スクリャービンも同時)。1988年からはモスクワ音楽院の聴講生となり、最初はパーヴェル・パプスト、後にアレクサンドル・ジロティの下で学ぶ。また、作曲も試みている。同時期の1892~1995年にはモスクワ大学で最初は法律学部、その後は歴史・哲学学部で学んでいる。1894年にモスクワ音楽院を金メダルを得て卒業すると、ソリストとしてデビューした。

1898年から1899年までロシア音楽協会附属のチフリス音楽学校にピアノ教師として勤める。1899年からモスクワ音楽院の教授となり、1924年から1929年まで院長として音楽院を統率した。

教え子にボレスワフ・コン英語版ナウム・シュタルクマンエレーナ・ベクマン=シチェルビナヤコフ・フリエールレフ・オボーリンマリヤ・グリンベルクアンジェイ・ザソフスキ英語版リシャルト・バクストアナトーリー・アレクサンドロフ、ナターリヤ・サーチナ(後のラフマニノフ夫人)、ベラ・ダヴィドヴィチイサイ・ドブローウェンらがいる。

受賞[編集]

参考文献[編集]

  • A. Eaglefield-Hull, A Dictionary of Modern Music and Musicians (Dent, London 1924).
  • J. Methuen-Campbell, Chopin Playing from the Composer to the Present Day (Gollancz, London 1981).

音源[編集]

脚注[編集]