ラ・ラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラ・ラソン
La Razón logo.svg
Madrid - Sede del diario La Razón (calle Josefa Valcárcel 42) 2.JPG
種別日刊紙
判型タブロイド
所有者グルーポ・プラネータ
発行者マウリシオ・カサルス
編集者フランシスコ・マルウエンダ
設立1998年
政治的傾向保守カトリックスペイン主義英語版右派君主主義
言語スペイン語
本社所在地スペインの旗 スペインマドリード
発行数103,789部(2011年)
ウェブサイトwww.larazon.es

ラ・ラソン(スペイン語: La Razón)は、スペインマドリードで発行されている日刊紙(一般紙)。紙名は「道理」を意味する。発行部数はスペインの日刊紙として第6位、マドリードの日刊紙として第4位[1]

カタルーニャ州バルセロナムルシア州ムルシアアンダルシア州セビリアバレンシア州バレンシアカスティーリャ・イ・レオン州バリャドリッドに支部を置いて地域版を発行している。

歴史[編集]

1976年から1983年までEFE通信社に務め、1983年から1997年まで保守系紙ABC紙の編集主幹だったルイス・マリア・アンソンスペイン語版によって、1998年にラ・ラソン紙が設立された[2][3]。所有者はグルーポ・プラネータ英語版である[4][5]。スペインの首都マドリードに本社を置いている[6]。紙面の編集方針は自由経済や保守的社会を志向している。立場は右派とされる[7][8]

発行部数[編集]

世界新聞協会によると2003年には140,000部を発行していた[9]。2008年には153,024部[10]、2009年には124,284部、2010年には118,466部、2011年には103,789部を発行していた[11]。OJDによると、2010年7月から2011年6月までの発行部数は109,166部だった[1]

騒動[編集]

ラ・ラソン紙は1面のデザインで国際的な注目を集めており、他のメディアに登場したり、SNS上で大きな議論を起こすことがある[12][13]

2012年5月9日の紙面では、教育予算の削減に反対して抗議するために参加した5人の生徒の顔写真と姓名を掲載して、「悪い生徒」「抗議者」という見出しを付けたことから、各分野からの大きな反感を招き、フランスのル・モンド紙に批判された。学生組合はラ・ラソン紙を訴えることを決定している[14]

2015年11月のパリ同時多発テロ事件後、ラ・ラソン紙はカナダ人シク教徒のVeerender Jubbalをテロの首謀者のひとりと誤認し、Jubbalの写真を紙面に掲載したが、後に誤りを認めて謝罪している[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b Oficina de Justificación de la Difusión Archived 29 April 2011 at the Wayback Machine., Retrieved 28 January 2012.
  2. ^ “La Razón Digital – Traducir EN”. Semantix's Blog. オリジナルの2014年1月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140103030312/http://www.semantix.com/en_us/clients/la-razon-digital-traducir-en/ 2013年6月28日閲覧。 
  3. ^ Rosario de Mateo; Laura Bergés; Anna Garnatxe (2010). “Crisis, what crisis? The media: business and journalism in times of crisis”. tripleC 8 (2). http://www.triple-c.at/index.php/tripleC/article/viewFile/212/195 2014年12月18日閲覧。. 
  4. ^ Enric Castelló; David Domingo (2005). “Spanish media facing new media: a challenge to journalists?”. International Journal of Iberian Studies 18 (3). http://eds.a.ebscohost.com/ehost/pdfviewer/pdfviewer?sid=c38d19e1-7bac-4754-8a34-a4d204a334c8%40sessionmgr4002&vid=0&hid=4210 2014年12月3日閲覧。. 
  5. ^ Country Profile: Spain”. Institute of Media and Communications Study. 2015年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月21日閲覧。
  6. ^ Himedia Spain and La Razón newspaper sign a digital media agreement”. Himedia Group (2014年9月). 2014年11月30日閲覧。
  7. ^ Raphael Minder; Eric Pfanner (2012年10月23日). “Spain’s Troubles Catch Up With a Storied Newspaper”. The New York Times (Madrid). https://www.nytimes.com/2012/10/24/business/global/el-pais-leading-newspaper-in-spain-announces-plans-for-layoffs.html?pagewanted=all&_r=0 2014年11月30日閲覧。 
  8. ^ Creationism in Europe. JHU Press. (21 October 2014). p. 39. ISBN 978-1-4214-1562-8. https://books.google.com/books?id=uSuhBQAAQBAJ&pg=PA39 2015年5月6日閲覧。 
  9. ^ World Press Trends”. World Association of Newspapers (2004年). 2015年2月8日閲覧。
  10. ^ Alan Albarran (10 September 2009). Handbook of Spanish Language Media. Routledge. p. 25. ISBN 978-1-135-85430-0. https://books.google.com/books?id=4uOPAgAAQBAJ&pg=PA20 2014年10月29日閲覧。 
  11. ^ National newspapers total circulation”. International Federation of Audit Bureaux of Circulations. 2014年12月3日閲覧。
  12. ^ “La polémica portada de La Razón agita las redes”. La informacion. (2012年5月). http://233grados.lainformacion.com/blog/2012/05/la-portada-de-la-raz%C3%B3n-agita-las-redes.html 2013年6月28日閲覧。 
  13. ^ Las portadas más polémicas de La Razón”. The Ranking. 2012年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月28日閲覧。
  14. ^ “La portada de 'La Razón' revuelve a la izquierda”. Publico. http://www.publico.es/espana/432540/la-portada-de-la-razon-revuelve-a-la-izquierda 2013年6月28日閲覧。 
  15. ^ “Canadian pictured as Paris terrorist in suspected Gamergate smear”. The Guardian. (2015年11月16日). https://www.theguardian.com/world/2015/nov/16/canadian-pictured-as-paris-terrorist-in-suspected-gamergate-smear 

外部リンク[編集]