ラヴ・パレード (1929年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラヴ・パレイドから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラヴ・パレード
The Love Parade
監督 エルンスト・ルビッチ
脚本 ガイ・ボルトン
エルネスト・ヴァイダ
原作 ジュール・シャンセル
レオン・ザンロフ
製作 エルンスト・ルビッチ
製作総指揮 ジェシー・L・ラスキー
アドルフ・ズーカー
出演者 モーリス・シュヴァリエ
ジャネット・マクドナルド
撮影 ヴィクター・ミルナー
編集 メリル・G・ホワイト
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1929年11月19日
日本の旗 1930年9月
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 約650,000ドル
テンプレートを表示

ラヴ・パレード』(原題: The Love Parade)は、1929年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

フランスのジュール・シャンセルとレオン・ザンロフの戯曲『女王の夫』に基づいており、エルンスト・ルビッチが監督、モーリス・シュヴァリエジャネット・マクドナルドが主演した。マクドナルドは本作が映画初出演であった。

ストーリー[編集]

ヨーロッパの架空の国・シルヴァニアは平和だったが、たった一つだけ悩みがあった。それは、ルイズ女王がいまだ独身であることだった。あるとき、パリに派遣されていたアルフレッド・ルナール伯爵が女性問題を起こして帰国した。伯爵が帰国後におとがめを受けているうちに、二人は惹かれあい、結婚に至った。だが、伯爵には国王としての権限がなく、不満を持つようになっていった。

キャスト[編集]

  • アルフレッド・ルナール伯爵:モーリス・シュヴァリエ
  • ルイーズ女王:ジャネット・マクドナルド
  • ジャック:ルピノ・レイン
  • ルル:リリアン・ロス

スタッフ[編集]

  • 監督/製作:エルンスト・ルビッチ
  • 製作総指揮:ジェシー・L・ラスキーアドルフ・ズーカー
  • 脚本:ガイ・ボルトン、エルネスト・ヴァイダ
  • 撮影:ヴィクター・ミルナー
  • 編集・メリル・G・ホワイト
  • 美術:ハンス・ドライアー
  • 衣装:トラヴィス・バントン

アカデミー賞ノミネーション[編集]

この映画はアカデミー賞で6つの部門にノミネートされた[1][2][3]

脚注[編集]

  1. ^ NY Times: The Love Parade”. NY Times. 2008年12月7日閲覧。
  2. ^ Osborne, Robert (1994). 65 Years of the Oscar: The Official History of the Academy Awards. London: Abbeville Press. p. 25. ISBN 1-55859-715-8. 
  3. ^ The 3rd Academy Awards (1929/30) Nominees and Winners”. oscars.org. 2013年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月5日閲覧。

外部リンク[編集]