ジェシー・L・ラスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェシー・L・ラスキー
Jesse-lasky-1915.jpg
ラスキー、1915年撮影。
生誕 ジェシー・ルイス・ラスキー
(1880-09-13) 1880年9月13日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンフランシスコ
死没 1958年1月13日(1958-01-13)(77歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ビバリーヒルズ
墓地 ハリウッド・フォーエヴァー墓地英語版
職業 映画プロデューサー
子供 ジェシー・L・ラスキー・ジュニア
ベティ・ラスキー英語版
ビリー・ラスキー (Billy Lasky)
親戚 サミュエル・ゴールドウィン(義弟=妹の夫)
マーヴィン・ルロイ(従弟)

ジェシー・ルイス・ラスキー(Jesse Louis Lasky、1880年9月1日1958年1月13日)は、アメリカ合衆国の初期の先駆的な映画プロデューサー[1]アドルフ・ズーカー英語版とともにパラマウント映画創設の中心人物となり、長じて脚本家となったジェシー・L・ラスキー・ジュニアの父であった。

生い立ち[編集]

カリフォルニア州サンフランシスコユダヤ人家庭に生まれ[2]、様々な職業を経験した後、ヴォードヴィルの演者となり、やがて映画に関わるようになった。

経歴[編集]

1911年、ラスキーはブロードウェイで2本のミュージカル作品、『Hello, Paris』と『A La Broadway』のプロデューサーを務めた[3]。当時、ベアトリス・デミル英語版もブロードウェイで演劇のプロデュースにあたっており、彼女はラスキーを、自分の息子であるセシル・B・デミルに紹介した[4]。彼らは1913年には映画界に飛び込んだ。ラスキーの妹ブランシェ (Blanche) は、サミュエル・ゴールドウィンと1913年に結婚し、ラスキーとゴールドウィンは、セシル・B・デミル、オスカー・アプフェル英語版と組んで、ジェシー・L・ラスキー・フィーチャー・プレイ・カンパニー (Jesse L. Lasky Feature Play Company) を結成した。資金には限りがあったので、彼らはロサンゼルス近郊で納屋を借り、ハリウッドで製作された最初のフィーチャー映画作品となったデミル監督『スコウ・マン (The Squaw Man)』を製作した。この時に使用された納屋は、後にラスキー=デミル ・バーン英語版と称されるようになり、ハリウッド・ヘリテージ博物館 (Hollywood Heritage Museum) が設けられた。1916年、彼らの会社は、アドルフ・ズーカーフェイマス・プレイヤーズ・フィルム・カンパニーと合併して、フェイマス・プレイヤーズ=ラスキー英語版が創設された[5]

1920年フェイマス・プレイヤーズ=ラスキーは、新たに大規模なスタジオをニューヨークアストリア地区英語版に建設し、後にこれはカウフマン・アストリア・スタジオ英語版として知られるようになった。1927年、ラスキーは映画芸術科学アカデミーを創設した36人の共同創設者のひとりとなった。

世界恐慌のあおりを受けて、映画産業界の中でも財政上の諸問題が起こり、フェイマス・プレイヤーズ=ラスキーも1933年には管財人の管理下に置かれた[6]。次いでラスキーは、メアリー・ピックフォードと組んで、数年のうちに何本もの映画を撮ったが、この関係はピックフォードの側から解消された。次いでラスキーは、大手スタジオでプロデューサーとして働くようになったが、1945年には自らの制作会社を立ち上げた。1951年には、ラスキーが最後に手掛けた作品が製作され、1957年には自伝『I Blow My Own Horn』が発表された[要出典]

ジェシー・ラスキーがプロデューサーを務めたサイレント映画西部劇『夕陽の山路(Salomy Jane)』(1923)のロビーカード

[編集]

ジェシー・ルイス・ラスキーは77歳で、心臓発作のため、ビバリーヒルズで死去した[5][7]。ラスキーは、ハリウッドのパラマウント・スタジオ (Paramount Studios) に近い、ハリウッド・フォーエヴァー墓地英語版に埋葬された。

遺されたもの[編集]

ラスキーは、映画産業への貢献に対して、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに星が与えられており、ハリウッド大通り英語版6422番地に彼の星がある。ビバリーヒルズのラスキー・ドライブ (Lasky Drive) は、彼を讃えて命名されたものである。

脚注[編集]

  1. ^ Obituary Variety, January 15, 1958, page 70.
  2. ^ Cones, John. Motion Picture Biographies: The Hollywood Spin on Historical Figures. pp. 6. ISBN 9781628941166. https://books.google.com/books?id=I0byBwAAQBAJ&q=lasky#v=snippet&q=lasky&f=false. 
  3. ^ Jesse L. Lasky at the IBDb.com database
  4. ^ Beatrice deMille – Women Film Pioneers Project”. wfpp.cdrs.columbia.edu. 2018年1月16日閲覧。
  5. ^ a b “Jesse Lasky dies.”. Time. (1958年1月27日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,864219,00.html 2008年6月8日閲覧. "Jesse Louis Lasky, 77. pioneer moviemaker who cranked out (in 1914) Hollywood's first feature-length film (The Squaw Man) in a barn studio; of a heart attack; in Beverly Hills. After his first movie venture (with a brother-in-law, Glove Salesman Samuel Goldfish, (now Goldwyn) and young playwright Cecil B. DeMille), Lasky joined (in 1916) with Adolph Zukor to form the Famous Players-Lasky Corp., which evolved into Paramount Pictures." 
  6. ^ “J.L. Lasky Invokes New Bankruptcy Law. Listing $2,020,024 Liabilities and $134,718 Assets, He Asks Deal With Creditors.”. New York Times. (1933年8月3日). https://www.nytimes.com/1933/08/03/archives/jl-lasky-invokes-new-bankruptcy-law-listing-2020024-liablities-and.html 2009年3月2日閲覧. "Listing a total of $2,020,024.24 in liabilities and assets of only $134,718.93, Jesse L. Lasky, pioneer motion-picture producer, today sought aid of the newly amended bankruptcy act to make a compromise with his creditors, and filed a debtor's petition with the United States District Court." 
  7. ^ “Jesse L. Lasky, Film Pioneer, Dies at 77. Early Producer Who Helped Build Movie Industry Suffers Fatal Heart Seizure.”. New York Times. (1958年1月14日). https://pqasb.pqarchiver.com/latimes/access/441241452.html?dids=441241452:441241452&FMT=CITE&FMTS=CITE:AI&date=Jan+14%2C+1958&author=&pub=Los+Angeles+Times&desc=Jesse+L.+Lasky%2C+Film+Pioneer%2C+Dies+at+77&pqatl=google 2009年3月2日閲覧。 

外部リンク[編集]