ラメシュ・サハラム・ベネガル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラメシュ・サハラム・ベネガル
Ramesh Sakharam Benegal
生誕 1926年10月9日
British Raj Red Ensign.svg英領インドヤンゴン
死没 2003年4月??
所属国 インドの旗 インド
所属組織 Air Force Ensign of India.svgインド空軍
最終階級 Air Commodore of IAF.png空軍准将
勲章 Maha Vir Chakra ribbon.svg Maha Vir Chakra
Ati Vishisht Seva Medal ribbon.svg Ati Vishisht Seva Medal
出身校 陸軍航空士官学校
テンプレートを表示

ラメシュ・サハラム・ベネガル(Ramesh Sakharam Benegal、1926年10月9日 - 2003年4月)は、インドの空軍軍人。

最終階級は空軍准将アティ・ヴィシシュト・セヴァ勲章Ati Vishisht Seva Medal)受章。日本の陸軍航空士官学校出身。

生涯[編集]

1926年10月9日ビルマのラングーン(現ヤンゴン)生まれ[1]

第二次世界大戦時にインド国民軍に加わり、戦闘機の飛行士として東京ボーイズに選抜される。1944年、陸軍航空士官学校に入学し、在学中に敗戦を迎え、捕虜となり、1946年に釈放された。

インド帰国後はジョードプル空軍士官学校を卒業し、1952年にインド空軍に入営。印パ戦争では空軍大佐として実戦に初投入されたイングリッシュ・エレクトリック・キャンベラの部隊を指揮した。

退役直前に空軍准将となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Air Commodore Ramesh S Benegal. Burma to Japan with Azad Hind: A War Memoir 1941–1945. Lancer Publishers LLC. ISBN 9781935501640. https://books.google.com/books?id=r-llQkW3TaAC&pg=PT9&lpg=PT9&dq=dinker+sakharam+rao#q=dinker%20sakharam%20rao