ラブリー・ボーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラブリー・ボーンThe Lovely Bones)は、2002年アリス・シーボルドの小説。

日本では2003年5月アーティストハウスより出版(訳:片山奈緒美)。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

スージー・サーモン
物語の主人公。14歳でレイプされ殺害された。
ジャック・サーモン
スージーの父親
アビゲイル・サーモン
スージーの母親
リンゼイ・サーモン
スージーの妹
バックレイ・サーモン
スージーの弟
リンおばあちゃん
アビゲイルの母親、スージーの祖母
ジョージ・ハーヴェイ
スージーをレイプし殺害した人物

評価[編集]

全世界で1000万部以上を売り上げた[1]

映画化[編集]

2009年に『ラブリーボーン』として映画化。監督はピーター・ジャクソン。主人公のスージーはシアーシャ・ローナンが演じた。

脚注[編集]

  1. ^ 映画『ラブリーボーン』”. シネマトゥデイ. 2009年12月11日閲覧。