ラフレシア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラフレシア科
Rafflesia kerrii flower.jpg
Rafflesia kerrii の花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ラフレシア目 Rafflesiales
: ラフレシア科 Rafflesiaceae
学名
Rafflesiaceae Dum.
連・属

本文参照

Der Bau und die Eigenschaften der Pflanzen (1913) 掲載のラフレシア科の一種

ラフレシア科 (Rafflesiaceae) は寄生植物で、東南アジアに産する世界最大の花、ラフレシアを含む。

他のいくつかの寄生植物の科と共にラフレシア目に所属させる研究者が多かったが、ラフレシア科はAPG分類体系では分類未確定の科であった。最近の研究では、一部の属のみを狭義のラフレシア科としてキントラノオ目に所属させ (Barkman et al. 2004)、ラフレシア目の他の科との関連を否定する (Nickrent et al. 2004)。

広義のラフレシア科は9を含み、およそ50がある。

形態[編集]

ラフレシア科は非常に変わった形態の植物である。典型的なラフレシア属では、栄養部分は寄主の中で糸状あるいは菌糸状で、や機能するはなくのみが寄主の外に現れる。ラフレシア#形態を参照。

分布[編集]

熱帯を中心に広く分布する。中南米、地中海沿岸、中東、東南アジアなど。

分類[編集]

[編集]

分類学上の扱いは研究者によって異なり、さまざまな属を独立の科として扱ってきている (Meijer 1997)。最新の分類学的研究によれば、広義のラフレシア科は Harms (1935) によって最初に認識され、Takhtajan他 (1985) で支持された4に分けられる。

  • Rafflesieae: Rafflesia, Rhizanthes, Sapria
  • Apodantheae: Apodanthes, Pilosytles
  • Cytineae: Bdallophyton, Cytinus
  • Mitrastemeae: Mitrastema

最近の研究では旧来のラフレシア科は多系統であることが示されている。ラフレシア科はRafflesiaRhizanthesSapriaに限定され、それ以外の属はアポダンテス科 (Apodanthaceae, Apodanthes, Berlinianche, Pilostyles)、シティヌス科 (Cytinaceae, Bdallophyton, Cytinus) とヤッコソウ科 (Mitrastemonaceae, Mitrastema) に分割される(Nickrent et al., 2004)。

この狭義のラフレシア科については、トウダイグサ科の系統に含まれるとの報告がある(Davis et al., 2007)。トウダイグサ科はいずれも小型の花を持ち、ラフレシア科のみ花が例外的に巨大化したことになる。

[編集]

参考文献[編集]

  • Barkman, T.J., S.-H. Lim, K. Mat Salleh and J. Nais. 2004. Mitochondrial DNA sequences reveal the photosynthetic relatives of Rafflesia, the world's largest flower. Proceedings of the National Academy of Sciences of USA 101:787-792.[1]
  • Davis, C.C., M. Latvis, D.L. Nickrent, K.J. Wurdack and D.A. Baum 2007. Floral Gigantism in Rafflesiaceae. Science 315:1812.[2]
  • Meijer, W. 1997. Rafflesiaceae, in Flora Malesiana I, 13: 1-42.
  • Nickrent, D.L., A. Blarer, Y.-L. Qiu, R. Vidal-Russell and F.E. Anderson. 2004. Phylogenetic inference in Rafflesiales: the influence of rate heterogeneity and horizontal gene transfer. BMC Evolutionary Biology 4: 40 (HTML 要旨 PDF 全文).

外部リンク[編集]