サプリア属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サプリア属
Sapria (34).JPG
Sapria himalayana
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類I eurosids I
: キントラノオ目 Malpighiales
: ラフレシア科 Rafflesiaceae
: サプリア属 Sapria
学名
Sapria Griff.1849
タイプ種
Sapria himalayana Griff. [1]
シノニム

Richthofenia Hosseus

サプリア属(学名 : Sapria)は、ラフレシア科に属する寄生植物である。ブドウ属または、ミツバカズラ属の植物のに寄生する。南アジアおよび東南アジアの熱帯雨林に自生している。

は、直径約20 cmで、明るい赤色で、黄または白の斑点がある。雌雄異株である。ラフレシア属とは異なり、花弁は10枚である。

Sapria. poilanei は、カンボジアタイで、Sapria.himalayana は、カンボジア、中国の一部、インドの北東部、ミャンマー、タイ、ベトナムで発見された。Sapria. poilanei は、タイで発見された。

脚注[編集]

  1. ^ Sapria Griff. Tropicos