ラファエル・オロスコ・マエストレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はオロスコ第二姓(母方の)はマエストレです。(Template:スペイン語圏の姓名
ラファエル・オロスコ・マエストレ Rafael Orozco Maestre
ラファエル・オロスコ・マエストレ.jpg
1990年
基本情報
原語名 ラファエル・ホセ・オロスコ・マエストレ(Rafael José Orozco Maestre)
生誕 (1954-03-24) 1954年3月24日
出身地  コロンビア ベセミル、セザール
死没

1992年6月11日(1992-06-11)

(38歳没)
ジャンル
活動期間 クララ・エレナ・カベロ (Clara Elena Cabello) 1975年 - 1992年
レーベル Codiscos
メンバー ビノミオ・デ・オロと (Binomio de Oro)

ラファエル・ホセ・オロスコ・マエストレRafael José Orozco Maestre, 1954年3月24日 ベセミル、セザール - 1992年6月11日、バランキージャ、アトランティコ) は、コロンビアバジェナート音楽の歌手であった。仲間のアコーデオン奏者と共に、彼はコロンビア、メキシコ、ベネズエラで非常に人気のあるバレナートグループであり、イスラエル ロメロと共に、コロンビアのポピュラー音楽の主要な代表者および歌手の1人であった。彼の最高の曲の1つは、妻のクララエレナカヴェロ (Solo para ti, Rafael Orozco)に特別に捧げられています。ディオメデス・ディアス (Diomedes Díaz:別のバジェナートの歌手) は、ラファエル・オロスコと親友だったが、音楽の分野では敵だった。オロスコは、3 人の娘のうちの 1 人の 15 歳の誕生日パーティーで、自宅の前で銃撃者に殺されました。

アルバム[編集]

エミリオ・オビエド

  • 1975:Adelante
  • 1975:Con emoción

ビノミオ・デ・オロと

  • 1977 - Binomio de oro
  • 1977 - Por lo alto
  • 1978 - Enamorado como siempre
  • 1978 - Los Elegidos
  • 1979 - Súper vallenato
  • 1980 - Clase aparte
  • 1980 - De caché
  • 1981 - 5 años de oro
  • 1982 - Festival vallenato
  • 1982 - Fuera de serie
  • 1983 - Mucha calidad
  • 1984 - Somos vallenato
  • 1985 - Superior
  • 1986 - Binomio de oro
  • 1987 - En concierto
  • 1988 - Internacional
  • 1989 - De Exportación
  • 1990 - De fiesta con binomio de oro
  • 1991 - De américa
  • 1991 - Por siempre

テレノベラ[編集]

2012年、コロンビア最大のテレビ局であるカラコル・テレビシオンは、彼は自分の人生について放送し始めた(Rafael Orozco, El ídolo)[1] アレハンドロ・パラシオが演じた。

脚注[編集]

  1. ^ Rafael Orozco, El Ídolo

外部リンク[編集]