ラファエル・アスコナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Rafael Azcona
ラファエル・アスコナ
ラファエル・アスコナ
本名 ラファエル・アスコナ・フェルナンデス (Rafael Azcona Fernández
生年月日 (1926-10-24) 1926年10月24日
没年月日 (2008-03-23) 2008年3月23日(満81歳没)
出生地 スペインの旗 スペイン ラ・リオハ州ラ・リオハ県ログローニョ
死没地 スペインの旗 スペイン マドリード州マドリード県マドリード
職業 小説家脚本家
ジャンル イタリア式コメディ
活動内容 1959年 脚本家デビュー
配偶者 スーザン・ユーデルマン
著名な家族 長男 ダニエル・アスコナ
長女 バルバラ・アスコナ
主な作品
脚本
プラシド
挑戦
ベルエポック
ペネロペ・クルス/情熱の処女 スペインの宝石

ラファエル・アスコナRafael Azcona, 1926年10月24日 - 2008年3月23日)は、スペイン小説家脚本家である[1][2][3]。国際的に活動したことで知られる[1][2][3]。日本ではスペイン以外を中心に製作された作品等で、ラファエル・アズコーナと紹介されることもあった[4][5][6]。本名ラファエル・アスコナ・フェルナンデスRafael Azcona Fernández)。

来歴・人物[編集]

1926年(大正15年)10月24日ラ・リオハ州ラ・リオハ県ログローニョに生まれる[1]

最初のキャリアは、スペインの雑誌『ラ・コドルニス』( La Codorniz, 1941年創刊 - 1978年廃刊)の書き手であった[3]

1959年(昭和34年)、自作の小説が、スペイン時代のマルコ・フェレーリに映画化され、脚本を執筆、『小さなアパート』で脚本家としてデビューする[1]。以降、マルコ・フェレーリ作品に脚本で参加し、イタリア式コメディの代表作とされるフェレーリの『女王蜂』や、レナート・カステッラーニ監督の『反対の性』等の脚本を執筆する[1]

1987年(昭和62年)、ホセ・ルイス・クエルダ監督の映画『にぎやかな森』、ならびにルイス・ガルシア・ベルランガ監督の映画『イスラム教徒とキリスト教徒』の脚本を執筆し、翌1988年(昭和63年)、第2回ゴヤ賞において、両作ともに脚本賞にノミネートされ、『にぎやかな森』で脚本賞を受賞する[1]。同作は、同年度の同賞で、作品賞・主演男優賞も獲得している。

1990年(平成2年)、カルロス・サウラ監督の映画『歌姫カルメーラ』の脚本を執筆、翌1991年(平成3年)、第5回ゴヤ賞において、脚色賞を受賞する[1]。1993年(平成5年)、第7回ゴヤ賞において、フェルナンド・トルエバ監督の『ベルエポック』で脚本賞を、1994年(平成6年)、第8回ゴヤ賞において、ホセ・ルイス・ガルシア・サンチェス監督の『暴君バンデラス』で脚色賞をそれぞれ受賞する[1]。1998年(平成10年)、第12回ゴヤ賞において、名誉賞を受賞する[1]

2000年(平成12年)、第14回ゴヤ賞において、ホセ・ルイス・クエルダ監督の『蝶の舌』で脚色賞を受賞する[1]

2008年(平成20年)3月23日マドリード州マドリード県マドリード肺がんにより死去した[1]。火葬後の遺骨は、出身地のラ・リオハ州にあるカンタブリア山に散骨された[3]。没後の2009年(平成21年)、第23回ゴヤ賞において、ホセ・ルイス・クエルダ監督の『盲目のひまわり』で脚色賞を受賞した[1]

おもなフィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Rafael Azcona, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年1月31日閲覧。
  2. ^ a b Rafael Azcona, allmovie (英語), 2011年1月31日閲覧。
  3. ^ a b c d Rafael Azcona, Find a Grave (英語), 2011年1月31日閲覧。
  4. ^ ラファエル・アズコーナ、キネマ旬報映画データベース、2011年1月31日閲覧。
  5. ^ ラファエル・アズコーナ、movie-fan.jp, 2011年1月31日閲覧。
  6. ^ スペイン語のzの音はサ行に転写される。スペイン語の日本語表記を参照のこと(2011年1月31日現在)。

外部リンク[編集]