ダーティ・セブン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダーティ・セブン
Una ragione per vivere e una per morire
監督 トニーノ・ヴァレリ
脚本 ラファエル・アスコナトニーノ・ヴァレリ
制作会社 RIZZOLI
上映時間 112分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
スペインの旗 スペイン
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ダーティ・セブン』(原題:Una ragione per vivere e una per morire)は、1972年に製作されたマカロニ・ウェスタン(劇場未公開)。

あらすじ[編集]

南北戦争のさなかの1862年。北軍のペンブロークはある砦で部隊の指揮をとっていたが、戦わずにワードが率いる南軍に砦を明け渡したため処分を受け、隠れるようにして生活していた。ある出来事がきっかけで旧知の北軍の指揮官と再会、その指揮官はペンブロークに砦を取り戻す任務を与える。死刑囚の中から部下を選ばせ、ペンブロークは6人を選抜。旧知のエライも加わる。一行は砦に向かって出発、しかしエライ以外の面々はただ死刑を免れるために参加しただけとして反抗的な態度をとり続ける。ペンブロークは、砦に南軍から奪った黄金が隠してあり、それを他の北軍の関係者は知らず山分けするという話を持ち出し、かろうじて反抗を静める。一行は砦と崖の間の吊り橋まで到着、ワードが吊り橋を切る前に潜入に成功。機関銃を奪取し、激しい戦闘となる。南軍は指揮官のワードを残して全滅。ペンブロークの仲間達もエライ以外は全員死亡。実はペンブロークが砦を簡単に明け渡したのはワードに息子を人質に取られたからだったが、ワードは人質を不当に殺しており、ペンブロークは恨みを込めてワードを斬殺。南軍の黄金の話は真偽不明で、ペンブロークとエライはそのまま姿を消した。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]