ライタ・ラースロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にラースロー・ライタと表記することもあります。
ライタ・ラースロー
Lajtha László
Lajtha László 1920 körül.jpg
基本情報
生誕 (1892-06-30) 1892年6月30日
出身地  ハンガリーブダペスト
死没 (1963-02-16) 1963年2月16日(70歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家民族音楽学者、指揮者

ライタ・ラースローLajtha László, 1892年6月30日 - 1963年2月16日)は、ハンガリー作曲家民族音楽学者、指揮者

経歴[編集]

ブダペスト出身。ライプツィヒジュネーヴパリで学び、パリではヴァンサン・ダンディに師事した。第一次世界大戦後、ブダペスト音楽院・国立アカデミーで教鞭をとり、バルトーク・ベーラコダーイ・ゾルターンと共同で、ハンガリーの民謡の録音の写譜と分析にあたった。

第二次世界大戦後にはハンガリー・ラジオ放送局の音楽監督に迎えられるが、1956年ハンガリー動乱を支援したとして解雇された。

作品には9曲の交響曲、10曲の弦楽四重奏曲、3つのバレエオペレッタ『青い帽子』などがあり、他にも多くの管弦楽曲室内楽器楽宗教音楽映画音楽がある。

ライタはハンガリーの重要な交響曲作曲家とみなされているが、国内外への公演を禁止した共産主義体制の抑圧の結果、評価されるようになったのは近年のことである。

脚注[編集]