ヨーロッパハタリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーロッパハタリス
ヨーロッパハタリス
ヨーロッパハタリス Spermophilus citellus
保全状況評価[a 1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目 Rodentia
: リス科 Sciuridae
: ジリス属 Spermophilus
: ヨーロッパハタリス S. citellus
学名
Spermophilus citellus
(Linnaeus, 1766)
和名
ヨーロッパハタリス
英名
European ground squirrel
European souslik

ヨーロッパハタリスSpermophilus citellus)は、哺乳綱ネズミ目(齧歯目)リス科ジリス属に分類される齧歯類。

分布[編集]

ウクライナオーストリアギリシャスロバキアセルビアチェコドイツ南東部、トルコハンガリーブルガリアポーランド南西部、マケドニア共和国モルドバルーマニア[1][a 1]

形態[編集]

体長17.6-23センチメートル[1]。尾長3.8-7.4センチメートル[1]体重0.2-0.4キログラム[1]。背面の毛衣は灰褐色で、黄白色の斑点が入る[1]。眼の周囲は白い[1]。腹面の毛衣は黄色い[1]

生態[編集]

標高900-2,500メートルにある食性の乏しい開けた環境に生息する[1]薄明薄暮性[1]。地下1メートルの深さにある直径0.2-0.3メートルの巣室と、最大5つの出入り口がある4.5メートルに達するトンネルからなる巣穴の中で単独生活する[1]。冬季になると巣穴で冬眠し、南部個体群は夏季に休眠する[1]

、根、果実などを食べる[1]。食物を頬袋に詰め込み、巣穴に運んで貯蔵する[1]

繁殖形態は胎生。冬眠が明けて1週間以内に交尾を行う[1]。妊娠期間は25-26日[1]。1回に2-9頭の幼獣を年に1回だけ産む[1]。幼獣は生後20日で開眼し、生後1か月で地表に出るようになる[1]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、毛皮用や食用の狩猟などにより生息数は減少している[1]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ1 ユーラシア、北アメリカ』、講談社2000年、47、163頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • Coroiu, C., Kryštufek, B., Vohralík, V. & Zagorodnyuk, I. 2008. Spermophilus citellus. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.1.