ヨージェフ・バルセギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いヴァールセギ・ヨージェフと表記することもあります。
ヨージェフ・バルセギ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ヨージェフ・バルセギ
国籍 ハンガリーの旗 ハンガリー
種目 やり投
生年月日 (1910-09-07) 1910年9月7日
生誕地 ジェール
没年月日 (1977-06-12) 1977年6月12日(満66歳没)
 
獲得メダル
ハンガリーの旗 ハンガリー
陸上競技
オリンピック
1948 ロンドン 男子 やり投
ヨーロッパ陸上選手権
1938 パリ 男子 やり投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ヨージェフ・バルセギ(József Várszegi、1910年9月7日 - 1977年6月12日)は、ハンガリーの陸上競技選手。1948年ロンドンオリンピックの銅メダリストである。

経歴[編集]

バルセギは1930年代から1950年代にかけて活躍したやり投の選手で、彼が最初に世界の舞台に登場したのは1933年の国際学生競技会であった。この大会では64m85の記録で優勝を飾っている。翌1934年の第1回のヨーロッパ選手権にも出場し、65m81で5位という成績を残している。

バルセギは、1936年のベルリンオリンピックに出場し、予選で69mを超える投てきでトップの成績で決勝にコマを進めた。しかし、決勝では、70mを超える選手が続出する中、バルセギは65m30と予選を下回る結果に終わり8位と惨敗してしまった。

2年後の1938年のパリで開催されたヨーロッパ選手権では自己ベストとなる72m78で、フィンランドマッティ・ヤルビネンユルヨ・ニッカネンに次いで銅メダルを獲得した。

バルセギは、第二次世界大戦終了後も競技を続け、1946年のヨーロッパ選手権は欠場したものの、38歳目前にして1948年のロンドンオリンピックに出場を果たす。バルセギの記録は伸びなかったものの、幸運にもただ1投だけ67m03と記録が伸び、70mを超えるスローがでない低調な争いという幸運も重なって、銅メダルを獲得した。

バルセギは、4年後の1952年ヘルシンキオリンピックにも出場しているが、予選を突破することなく敗れている。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1935 ヨーロッパ陸上選手権 トリノ(イタリア) やり投 5位 65m81
1936 オリンピック ベルリン(ドイツ) やり投 8位 65m30
1938 ヨーロッパ陸上選手権 パリ(フランス) やり投 3位 72m78
1948 オリンピック ロンドン(イギリス) やり投 3位 67m03
1952 オリンピック ヘルシンキ(フィンランド) やり投 12位(h) 56m82
  • hは予選

外部リンク[編集]