ヨハン・フリードリヒ・アグリコーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・フリードリヒ・アグリコーラ
Johann Friedrich Agricola
基本情報
出生 1720年1月4日
VlagSGA.svg ザクセン=ゴータ=アルテンブルク公国英語版ドビッチェン英語版
死没 1774年12月2日(満54歳没)
Wappen Mark Brandenburg.png ブランデンブルク選帝侯領ベルリン
ジャンル クラシック
職業 作曲家オルガニスト

ヨハン・フリードリヒ・アグリコーラJohann Friedrich Agricola, 1720年1月4日 - 1774年12月2日)は、ドイツ作曲家オルガニスト歌手、教育者、音楽に関する著述家。しばしばフラヴィオ・アニシオ・オリブリオFlavio Anicio Olibrio)というペンネームを用いた[1]

生涯[編集]

アグリコーラはザクセン=ゴータ=アルテンブルク公国英語版ドビッチェン英語版(現在のテューリンゲン州アルテンブルガー・ラント郡英語版)に生まれた。ライプツィヒ法学を修める傍ら、大バッハの下で音楽を学び、一時彼の養子にもなった。1741年ベルリンへと向かい、ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツに作曲を師事する[1]

彼はまもなく、同時代の最も優れたオルガニストの1人として広く知られるようになった。1750年ポツダムで上演された喜劇Il filosofo convinto in amore」が成功したことで、彼はプロイセンフリードリヒ2世の宮廷作曲家に任ぜられる。1759年カール・ハインリヒ・グラウンが死去するとすぐに、アグリコーラが宮廷管弦楽団の指揮者となった[1]。彼は宮廷のオペラソプラノとして著名であったベネデッタ・エミリア・モルテーニ(Benedetta Emilia Molteni)と結婚したが、これは宮中で雇われている者同士の婚姻を禁じた王の命令に背くものだった。この違反行為の罰則として、王はモルテーニとアグリコーラ2人の年間の給料を、合計で1人分の1,000ターラーまで減額したのであった(元々はアグリコーラ1人の年収が1,500ターラーであった)[2]。アグリコーラはベルリンで54年の生涯を閉じた。

生涯を通じて、アグリコーラは多くのイタリアオペラやリートコラール前奏曲、他の様々な鍵盤楽器作品、オラトリオおよびカンタータなどの教会音楽を作曲した。しかしながら、彼が主に名声を得たのは理論音楽評論などの書き物によってであった[1]1757年にはC.P.E.バッハと共著で大バッハの追悼記事を著している。1757年の「歌唱芸術入門 Anleitung zur Singekunst」は、1723年のピエール・フランチェスコ・トシ[注 1]の論文「Opinioni de' cantori antichi e moderni」を翻訳し、自ら多くの注釈を付したものであった。彼はヤコプ・アドルンク英語版[注 2]の「Musica mechanica organoedi」の1768年版(遺作)を編集、多くの注釈を記した(英語版)。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 訳注:1653年頃生まれ、イタリアカストラート歌手、作曲家。(Pier Francesco Tosi
  2. ^ 訳注:1699年生まれ、ドイツのオルガニスト、教育者、楽器製作者、音楽史家、音楽理論家。

出典

  1. ^ a b c d Chisholm 1911.
  2. ^ Scherer, F. M. Quarter Notes and Bank Notes: The Economics of Music Composition in the Eighteenth and Nineteenth Centuries. Princeton: Princeton University Press, 2003.
原著

外部リンク[編集]