ヨハン・ハインリヒ・シュメルツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨハン・ハインリヒ・シュメルツァー
Johann Heinrich Schmelzer
Schmelzer.jpg
17世紀
基本情報
生誕 1623年
出身地 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリア帝国の旗オーストリア大公国
死没 1680年
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
オーストリア帝国の旗オーストリア大公国、プラハ
職業 ヴァイオリニスト、作曲家
活動期間 バロック

ヨハン・ハインリヒ・シュメルツァーJohann Heinrich Schmelzer, 1623年 - 1680年)は、バロック期オーストリア作曲家ヴァイオリニストウィーンで活躍し、プラハで死んだ。シュメルツァーはオーストリア人でありながら、当時イタリア人たちに支配されていた分野(ヴァイオリンの演奏と作曲)で、高い評判を得た。実際、1660年、ある旅行者は彼について「全ヨーロッパで最も傑出したヴァイオリニストではなかろうか」と言及したほどである。1664年の彼の作品「Sonatae unarum fidium」は、ドイツ語圏の作曲家が初めて出版した、ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集である。そこには、中期バロックのヴァイオリン・ソナタ特有の、華麗なヴィルトゥオーソ性、個々の構成、広い固執低音の変奏が含まれていた。また彼が活躍したウィーンのハプスブルク宮廷では、宮廷楽長はイタリア人になることが多く、実際彼の前任の楽長もジョヴァンニ・フェリーチェ・サンチェスというイタリア人だったが、その死後、オーストリア人としては珍しいことに宮廷楽長に昇進した(1679年)。しかしそれからわずか数か月後、ペストにより亡くなった。

シュメルツァーは当時のオーストリアの器楽曲作曲家の先頭を進む第一人者で、やはりオーストリアのヴァイオリニスト兼作曲家のハインリヒ・ビーバーに多大な影響を与えた。ビーバーはシュメルツァーの弟子の一人ではなかったかと言われている。

息子のアンドレアス・アントン・シュメルツァーも父の後を継いで、作曲家、ヴァイオリニストになった。

主な作品[編集]

  • フェルディナンド3世の死に寄せる哀歌(Lamento sopra la morte di Ferdinado III)(1657年)
  • 12の選ばれたソナタ(Duodena selactarum sonatarum)(1659年)
  • 聖と俗との音楽的協和(宗教的・世俗的合奏曲集)(Sacro-profanus concentus musicus)(1662年)
  • 一つの弦楽器のためのソナタ集(Sonata unarum fidium)(1664年)
  • フェンシング指南(Die musikalische Fechtschul)(1668年)
  • 放屁の日のためのソナタ(Sonata a 5 per camera al giorno delle correggie)(1676年)
  • 150の組曲、声楽曲、および教会音楽

VIDEO[編集]

外部リンク[編集]