ヨハン・シュトラウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヨハン・シュトラウスドイツ語: Johann Strauss)は、ユダヤ系ハンガリー人をルーツに持つ[1]19世紀に活躍したオーストリア作曲家ファミリーとして知られるシュトラウス家にみられる人名である。

概要[編集]

「ヨハン・シュトラウス」とだけ書いた場合、通常は2世を指す。1世には「1世」または「父」と但し書きするのが通例である。3世はドイツ語圏では「Enkel(孫)」と呼ばれるが、日本では「孫」とする表記はほとんどみられず、「3世」と但し書きするのが主である。

なお、3世の長男の名もヨハンであり、さらにその長男もヨハンである(彼らは音楽家ではないが、言うなればヨハン4世、ヨハン5世)。また、1世の祖父の名はヨハン・ミヒャエルであり、叔父の名はヨハン・アダムであった。

対象の変遷[編集]

ヨハン・シュトラウス2世のデビューコンサート新聞告知。「Johann Strauss(Sohn)」との表記がある。(1844年)
ヨハン・シュトラウス3世のオペレッタ『猫とねずみ』。「JOHANN STRAUSS JUN.」との表記がある。(1898年)

元々は「ヨハン・シュトラウス」といえば1世のことを指していた。他に同姓同名の作曲家はおらず、呼び分ける必要がなかったためである。やがて1844年に2世がデビューを果たすと、人々は1世を「ファーター(父)」、2世を「ゾーン(息子)」と呼んで両者を区別するようになった[2]

当時「ワルツ王」と呼ばれ、息子を圧倒していたヨハン1世は自ら「ファーター」と名乗ることはせず、単に「ヨハン・シュトラウス」と名乗った[2]。しかし彼の死後やがて2世のほうが有名になる。元々は父親を指していたあだ名「ワルツ王」は2世のことを指すようになり、さらに「ヨハン・シュトラウス」についても通常2世を指すようになった。

こうして2世が「ヨハン・シュトラウス」と呼ばれるようになったが、1898年12月に甥のヨハン3世が音楽家デビューを果たす。すると、区別のために今度は3世が「ジュニア」を付して呼ばれるようになった[3]。(2世はそのまま「ヨハン・シュトラウス」)

現在でも通常は「ヨハン・シュトラウス」といえばやはり最も有名な2世を指すことが多い[4]が、父との区別のために2世に再び「ジュニア」などを付けて呼ぶことも多くなった。この動きに伴って、いつしか3世も「ジュニア」ではなく「エンクル(孫)」と呼ばれるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 倉田稔 『ハプスブルク文化紀行』 日本放送出版協会、2006年(平成18年)。ISBN 4-14-091058-5p.175
  2. ^ a b 加藤雅彦 『ウィンナ・ワルツ ハプスブルク帝国の遺産』 日本放送出版協会NHKブックス〉、2003年12月20日ISBN 4-14-001985-9p.78
  3. ^ なお、ヨハン2世は翌1899年6月に死去するため、2世と3世の活動期間は半年ほどしか重なっていない。
  4. ^ ヨハン・シュトラウス記念像』などの名前からもこの傾向がみてとれる。