ヨハン・シュトラウス記念像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヨハン・シュトラウス記念像。

ヨハン・シュトラウス記念像(ヨハン・シュトラウスきねんぞう、ドイツ語:Johann-Strauß-Denkmal)は、音楽家ヨハン・シュトラウス2世を模して作られた銅像である。彫刻家エドムント・フォン・ヘルマードイツ語版によって制作された。

概要[編集]

ヨハン・シュトラウス2世が没してから22年が過ぎた1921年に、ウィーンの市立公園『シュタットパークドイツ語版』に建立された記念像である[1][2]。6月26日の除幕式では、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団がこの記念像の前でワルツ『美しく青きドナウ』を演奏した[1]ヴァイオリンを弾きながら指揮するスタイルで有名だったヨハン2世の姿を再現している。なお、この記念像のモデルは老年期のヨハン2世であるが、実際のヨハン2世は年老いてからはヴァイオリンを弾きながら指揮することはなかった[1]

ヨハン2世の記念像を立てようという動きが活発になったのは、没後5周年にあたる1904年のことである[3]。委員会が組織され募金も開始されたが、第一次世界大戦の勃発によって活動は挫折した[3]。戦後になってようやく金色のシュトラウス像が建立されたものの、敗戦後の世相において「あまりにも贅沢すぎる」という批判を受け、1935年に黒色に塗り替えられた[4]

1991年にあらためて元の金色に塗り直され、現在ウィーンの代表的な観光名所のひとつとして親しまれている[1]

レリーフ[編集]

シュトラウス像を取り囲むように置かれたレリーフには、純白の大理石が用いられている[1]。このレリーフに彫られているのは、踊るカップルとドナウの乙女とも、妖精とも言われる[1]。背面は細やかな月桂冠の意匠となっている[5]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 小宮(2000) p.8
  2. ^ 小宮(2000) p.219
  3. ^ a b 小宮(2000) p.218
  4. ^ 小宮(2000) p.220
  5. ^ 小宮(2000) p.10