ヨハン・ゴットリープ・ナウマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨハン・ゴットリープ・ナウマン
Johann Gottlieb Naumann
Johann Gottlieb Naumann.jpg
兄弟のフリードリヒ・ゴットハルト・ナウマン画
(1780年)
基本情報
生誕 1741年4月17日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 ドレスデン
死没 (1801-10-23) 1801年10月23日(60歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 ドレスデン
ジャンル クラシック
職業 作曲家指揮者

ヨハン・ゴットリープ・ナウマンJohann Gottlieb Naumann 1741年4月17日 - 1801年10月23日)は、ドイツ作曲家指揮者カペルマイスター

生涯[編集]

ナウマンはブラゼヴィッツ英語版に生まれた。同市の学校でピアノオルガンの指導を受け、音楽を学んでいった。その後、ドレスデンKreuzschule(聖十字学校)において、またドレスデン聖十字架合唱団の団員として研鑽を積んだ。ドレスデンではヨハン・ゼバスティアン・バッハ門下でKreuzschuleのオルガニスト、カントルを務めたゴットフリート・アウグスト・ホミリウスに師事する。1757年5月にスウェーデンヴァイオリニストであるアンデルス・ヴェストレームスウェーデン語版とともにイタリアに赴いた。ジュゼッペ・タルティーニ1762年にナウマンと出会っており、ナウマンの作品に関心を示している。ナウマンはその後同年のうちにヴェネツィアにおいて『Il tesoro insidiato』によってオペラ作曲家としてデビューを飾った。1764年に『Li creduti spiriti』で成功を収めると、ヨハン・アドルフ・ハッセの推挙によりドレスデンの宮廷で次席教会作曲家として雇用された[1]

ドレスデン・アーメンという名前で知られるようになった和音進行は、ナウマンがドレスデンの宮廷教会のために作曲したものであった。これはカトリックルター派を問わず多くのザクセン州の教会へと広まり大衆性を獲得した。フェリックス・メンデルスゾーン交響曲第5番で、リヒャルト・ワーグナーが『パルジファル』で使用するなど、後世の作曲家もこの進行を自作に取り入れている。

1777年にスウェーデン大使のレーヴェンイェルム(Löwenhjelm)伯爵との交渉の結果、ナウマンはストックホルムの宮廷楽団を再建し、国王グスタフ3世によるオペラの構想を補佐する役割に任用された。彼のスウェーデンでの働きは、1782年のストックホルムの新オペラハウスこけら落とし公演における自作オペラ『Cora och Alonzo』の上演、そして国王の着想を基にスウェーデン王立歌劇場のために書かれた『Gustaf Wasa』の1786年の上演となって結実する。1785年から1786年にかけてしばらくコペンハーゲンで客員作曲家として過ごした後、ドレスデンへと戻って上級楽長に就任した。1792年デンマークの中将の娘であったカタリーナ・フォン・グロットシリングと結婚している[2]。彼らの孫にあたるエルンスト・ナウマン(1832年-1910年)も作曲家となった。

また、ナウマンはフリーメイソンの儀式に用いられる楽曲も遺している[3]

ナウマンはドレスデンで60年の生涯を閉じた。

主要作品[編集]

オペラ[編集]

  • Il tesoro insidiato (1762年)
  • Li creduti spiriti (1764年 他の2人の作曲家との合作)
  • L’Achille in Sciro (1767年)
  • Alesandro nelle Indie (1768年)
  • La clemenza di Tito (1769年)
  • Il villano geloso (1770年)
  • L’isola disabitata (1773年)
  • La villanella inconstanteLe nozze disturbateとも 1774年)
  • Ipermestra (1774年)
  • L’ipocondriaco (1776年)
  • Amphion (オペラ=バレエ 1778年)
  • Armida (1773年 ドイツ語ではArmideとして1780年初演)
  • Elisa (1781年)
  • Osiride (1781年)
  • Cora och Alonzo (1782年)
  • Tutto per amore (1785年)
  • Gustaf Wasa (1786年)
  • Orpheus og Eurydike (デンマーク語版 1786年、ドイツ語版 1787年)
  • La reggia d’Imeneo (1787年)
  • Medea (1788年)
  • Protesilao (1789年)
  • La dama soldato (1791年)
  • Amore giustificato (1792年)
  • Aci e Galatea (1801年)

宗教作品[編集]

  • 荘厳ミサ 変イ長調 (1804年)
  • 20曲の小規模ミサ曲
  • 12曲のオラトリオ、下記は代表的作品
    • La passione di Gesù Cristo (1767年)
    • La morte d’Abel (1790年)
    • I pellegrini al sepolcro (1798年)
    • Betulia liberata (1805年)
  • 詩篇第69篇、第103篇、第149篇
  • オルガンのための2つの行進曲、ほかフリーメイソンのための音楽

器楽曲[編集]

  • 12曲の交響曲 (1766年–1777年)
  • ハープシコード、フルート、ヴァイオリンと低音のための6曲の四重奏曲 (1786年)
  • ピアノまたはアルモニカのための12曲のソナタ (1786年–1792年)
  • ピアノまたはアルモニカのための6つのソナタ Op.4

出典[編集]

  1. ^ Dieter Härtwig and Laurie Ongley: "Johann Gottlieb Naumann," Grove Music Online ed. L. Macy (Accessed 12 December 2006) (subscription access).
  2. ^ Härtwig and Ongley: "Johann Gottlieb Naumann."
  3. ^ * Hill, Cecil (1980). "Masonic music", in The New Grove Dictionary of Music and Musicians, ed. Stanley Sadie, vol. 11, 753-756

外部リンク[編集]