ヨハネス・フリースナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨハネス・フリースナー
Johannes Frießner
Bundesarchiv Bild 146-1984-018-27A, Johannes Friessner.jpg
生誕 1892年3月22日
Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
Flagge Königreich Sachsen (1815-1918).svg ザクセン王国
ケムニッツ
死没 1971年6月26日
Flag of Germany.svg ドイツ連邦共和国
Flag of Bavaria (lozengy).svg バイエルン州
バート・ライヘンハル英語版
所属組織 War Ensign of Germany 1903-1918.svg ドイツ帝国陸軍
Flag of Weimar Republic (war).svg ヴァイマル共和国軍
War ensign of Germany (1938-1945).svg ドイツ国防軍陸軍
軍歴 1911–1945
最終階級 上級大将
テンプレートを表示

ヨハネス・フリースナー(ドイツ語: Johannes Frießner, 1892年3月22日1971年6月26日)は、ドイツ軍人。最終階級はドイツ国防軍上級大将

経歴[編集]

ザクセン王国ケムニッツに生まれる。1911年にザクセン王国陸軍に入営し、第一次世界大戦には参謀将校として参加。この大戦で鉄十字章、プロイセン王冠勲章、ザクセン軍事功労勲章を受章。戦後ヴァイマル共和国軍に採用され、1922年8月に大尉に昇進。ドレスデンの歩兵学校で教官を務める。

第二次世界大戦が勃発した際は、陸軍教育総監だった。1940年8月に少将に昇進。1942年に東部戦線に転属となり、第102歩兵師団長に就任。1942年10月に中将に昇進し、第XXIII軍団司令官に任命された。1943年4月に歩兵大将に昇進し、7月には騎士鉄十字章、9月にドイツ十字章金章を受章した。1944年2月に東部戦線北部に異動となり、「フリースナー軍集団」(のちナルヴァ軍集団と名称変更)の指揮を任される。柏葉付騎士鉄十字章を受章し、7月に上級大将に昇進。北方軍集団司令官を短期間務めた後、7月25日に南ウクライナ軍集団(9月に南方軍集団と改称)司令官に任命された。しかしソ連軍ロディオン・マリノフスキー率いる第2ウクライナ戦線による四ヶ月に及ぶ攻勢を止めることができず、12月に更迭され総統予備(待命)に編入された。後任にはオットー・ヴェーラー大将が就任した。以後部隊指揮を任されることは無かった。

1945年5月にアメリカ軍の捕虜となり、1947年11月に釈放された。西ドイツバイエルン州バート・ライヘンハルで死去。

叙勲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Thomas 1997, p. 184.
  2. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 124.
  3. ^ Fellgiebel 2000, p. 188.
  4. ^ Fellgiebel 2000, p. 81.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Searle, Alaric (2003). Wehrmacht Generals, West German Society, and the Debate on Rearmament, 1949-1959. Praeger Pub.
  • Thomas, Franz (1997) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 1: A–K [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 1: A–K]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2299-6. 
  • (German) Die Wehrmachtberichte 1939–1945 Band 3, 1. Januar 1944 bis 9. Mai 1945 [The Wehrmacht Reports 1939–1945 Volume 3, 1 January 1944 to 9 May 1945]. München, Germany: Deutscher Taschenbuch Verlag GmbH & Co. KG. (1985). ISBN 978-3-423-05944-2. 

外部リンク[編集]