ヨアヒム・エルンスト (アンハルト公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨアヒム・エルンスト
Joachim Ernst
第5代アンハルト
Joachim Ernst last duke of Anhalt.jpg
在位 1918年9月13日 - 11月12日

全名 ヨアヒム・エルンスト・ヴィルヘルム・カール・アルブレヒト・レオポルト・フリードリヒ・モーリッツ・エルトマン
出生 1901年11月1日
Flagge Herzogtum Anhalt.svg アンハルト公国 デッサウ
死去 (1947-02-18) 1947年2月18日(45歳没)
Merchant flag of Germany (1946–1949).svg ドイツブーヘンヴァルト強制収容所
配偶者 エリーザベト・シュトリックロット
  エッダ=シャルロッテ・フォン・シュテファニ=マルヴィッツ
子女 マリー・アントネッテ
アンナ・ルイーゼ
フリードリヒ
エッダ
エドゥアルトドイツ語版
王家 アスカーニエン家
父親 アンハルト公エドゥアルト
母親 ルイーゼ・フォン・ザクセン=アルテンブルク
テンプレートを表示

ヨアヒム・エルンストJoachim Ernst, 1901年11月1日 - 1947年2月18日)は、アンハルト公国最後の公爵(在位:1918年)。全名はヨアヒム・エルンスト・ヴィルヘルム・カール・アルブレヒト・レオポルト・フリードリヒ・モーリッツ・エルトマンJoachim Ernst Wilhelm Karl Albrecht Leopold Friedrich Moritz Erdmann)。アンハルト公エドゥアルトの次男。

生涯[編集]

1901年11月1日、エドゥアルトとその妻であったザクセン=アルテンブルク公子モーリッツの娘ルイーゼ(1873年 - 1953年)の間に第四子としてデッサウで生まれた。エドゥアルトは1918年4月21日に兄フリードリヒ2世の後を嗣いでアンハルト公となるが同年9月13日に崩御。エドゥアルトの長男レオポルト・フリードリヒは既に薨去していたため次男のヨアヒム・エルンストが公位に即き、叔父のアリベルト摂政となった。しかしその2ヵ月後に発生したドイツ革命により、彼は11月12日に退位。11世紀から中部ドイツの領主家として続いてきたアスカーニエン家はその地位を失った。ヴァイマル共和政の元でアンハルトはアンハルト自由州となった。

退位後のヨアヒム・エルンストはナチスに反発したため1944年に逮捕され、ダッハウ強制収容所に入れられた。3ヵ月後に解放されたが、1945年に今度はソビエト連邦NKVDによって逮捕され、ブーヘンヴァルト強制収容所へ入れられた。ヨアヒム・エルンストは病気と衰弱により1947年2月18日に同地で死去した。

子女[編集]

ヨアヒム・エルンストは2度結婚している。最初の妻であるエリーザベト・シュトリックロット(Elisabeth Strickrodt Gfn von Askanien, 1903年 - 1971年)とは1927年3月3日バレンシュテット宮殿で結婚し、エリーザベトはアスカーニエン伯夫人とされたが1929年に離婚した。彼女との間に子供は生まれていない。2番目の妻であるエッダ=シャルロッテ・フォン・シュテファニ=マルヴィッツ(Edda-Charlotte von Stephani-Marwitz, 1905年 - 1986年)とは1929年10月15日にデッサウで結婚した。彼女との間には以下の二男三女をもうけた。

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ヨアヒム・エルンスト (アンハルト公)に関するカテゴリがあります。

先代:
エドゥアルト
アンハルト公
1918
次代:
ドイツ革命により退位)