ユリウス・ヴェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユリウス・ヴェス

ユリウス・エーリッヒ・ヴェス (ドイツ語:Julius Erich Wess, 1934年12月5日 - 2007年8月8日[1]オーストリア出身の理論物理学者である。特にヴェス・ズミノ模型英語版の構成(ブルーノ・ズミノ英語版との共同研究)を初めとする超対称性を持つ場の理論、超重力理論に関する多くの先駆的業績で知られる。プリンストン大学で行なわれたヴェスの講義に基く著書 Supersymmetry and Supergravity(ジョナサン・バッガーとの共著)はこの分野での基本的な文献として知られる。また量子異常に関しても重要な貢献をしており、特にいわゆるヴェス・ズミノ項を発見している。ヴェス・ズミノ・ウィッテン模型がヴェスの名を冠するのはこのためである。[2]

略歴[編集]

オーストリアシュタイアーマルク州の小さな町オーバーヴェルツ・シュタット英語版に生まれる。ハンス・シリング英語版の指導の下ウィーンPh.D.を取得する。学位の審査員は量子力学で高名なエルヴィン・シュレーディンガーであった。CERN、アメリカで研究生活を送った後1968年カールスルーエ大学で教授職を得る。1990年にカールスルーエ大学を去り、マックス・プランク物理学研究所所長兼ミュンヘン大学教授に就任する。引退後はハンブルクDESY研究所で過していた[3]。いくつかの大学から名誉博士号を授与されている。

ハンブルクで脳卒中により死去。享年72歳。[4]

著作[編集]

  • Wess, Julius and Bagger, Jonathan (December 1983). Supersymmetry and Supergravity. Princeton Series in Physics. ISBN 0-691-08326-6 / 0-691-08556-0
  • Wess, Julius and Bagger, Jonathan (March 1992). Supersymmetry and Supergravity: Revised and Expanded Edition. Princeton Series in Physics. ISBN 0-691-02530-4

受賞歴[編集]

脚注[編集]