ユリウス・アイヒベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユリウス・アイヒベルク
Julius Eichberg
JuliusEichberg byGAKlucken.png
基本情報
出生 1824年6月13日
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 デュッセルドルフ
死没 1893年1月18日(満68歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ボストン
ジャンル クラシック
職業 作曲家

ユリウス・アイヒベルクJulius Eichberg 1824年6月13日 - 1893年1月18日)は、ドイツ作曲家、音楽編集者、教育者。主にアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンにおいて活動した。

人物・来歴[編集]

プロイセン王国デュッセルドルフ生まれ。彼に最初の音楽教育を授けたのは父であり、その訓練のおかげで彼は7歳になる頃にはヴァイオリニストとして活動できるまでになっていた。また、家庭の外でも指導を受けていた[1]。幼少期に通ったのはヴュルツブルクにある音楽アカデミーであった。19歳のころ、メンデルスゾーンの推薦を受け、彼はベルギーブリュッセルにあるコンセルヴァトワールブリュッセル王立音楽院に入学。同校では、ヴァイオリンの演奏と作曲で一等賞を獲得している。アイヒベルクはベルギー人の作曲家のシャルル=オーギュスト・ド・ベリオの門下に入り、フランソワ=ジョゼフ・フェティスに作曲を、Lambert Joseph Meertsにヴァイオリンを師事した。その後、11年にわたってスイスジュネーヴのコンセルヴァトワールの教授職をつとめた。

1857年、アイヒベルクはアメリカに渡り、ニューヨーク市に2年滞在してからボストンに移った。同地では、ボストン博物館のオーケストラのディレクターとなった。1867年にアイヒベルクはボストン音楽院を創立し、同年にはボストン校区の音楽監督に選任されて長くその職を務めた。また、アイヒベルク・ヴァイオリン学校も設立している[1]

1893年1月18日マサチューセッツ州ボストンで死去した。満68歳没。

家族[編集]

娘のアンナ(アニー)・フィリッピーネ・アイヒベルク(Anna(Annie) Philippine Eichberg, Annie Eichberg Lane, 1853年[2] - 1927年[2])は、スイス・ジュネーヴ出身[2]で、夫であるタイラー・バチェラー・キング(Tyler Batcheller King)に先立たれた後、1898年8月13日に出版業を営むジョン・レーン英語版と再婚した[3]。アニーは国家的愛唱歌である「To Thee, O Country」の作詞者であり、また「Brown's Retreat」、「Kitwyk」、「The Champagne Standard」、「Talk of the Town」、「According to Maria」といった著作を発表していた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b Dictionary of American Biography, 1931, Arthur Elson
  2. ^ a b c University of Delaware Library: London Bound: American Writers in Britain, 1870-1916 section 5”. デラウェア大学英語版. 2015年8月18日閲覧。
  3. ^ a b Miniature Books of Verse – A Romantic Tradition”. Pittwater Online News. 2015年8月18日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]