ユリア・マエサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サイダのコイン。裏にはアスタルトが描かれている。

ユリア・マエサラテン語: Julia Maesa, 165年5月7日 - 224年8月3日)は、古代ローマの人物[1]。ローマ皇帝セプティミウス・セウェルスの妃ユリア・ドムナ(170年 - 217年)の姉。孫にはヘリオガバルスアレクサンデル・セウェルスがいる。これら孫を皇位につけ、それを操る形で権勢を振るった。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Shahid, Irfan (1984). Rome and The Arabs: A Prolegomenon to the Study of Byzantium and the Arabs