ユスティン・ハインリヒ・クネヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユスティン・ハインリヒ・クネヒト
Justin heinrich knecht
Justin-heinrich-knecht.jpg
基本情報
生誕 1752年9月30日
Wappen Rissegg.png 自由都市ビーベラハ英語版
死没 (1817-12-01) 1817年12月1日(65歳没)
プロイセン王国の旗 プロイセン王国 ビーベラハ
ジャンル クラシック
職業 作曲家オルガニスト音楽理論家

ユスティヌスまたはユスティン・ハインリヒ・クネヒトJustinusまたはJustin Heinrich Knecht 1752年9月30日 - 1817年12月1日)は、ドイツ作曲家オルガニスト音楽理論家

生涯[編集]

クネヒトはビーベラハ・アン・デア・リス英語版に生まれた。この町でオルガン鍵盤楽器ヴァイオリン歌唱を学ぶ。1768年から1771年にかけてエスリンゲン・アム・ネッカー英語版にあるルーテル教会の大学で学ぶ間に、ビーベラハでルーテル教会の教師、音楽監督となった。1803年まで帝国自由都市であったビーベラハは文化的に恵まれていた。クネヒトは1792年に聖マルティン教会のオルガニストに就任する。この教会はルーテル教会信者とカトリック教会信者の両方が使用していた。

クネヒトの音楽活動は精力的で多忙なものだった。劇場音楽、教会音楽を作曲、予約演奏会を主催、ギムナジウム音楽理論音響学美学作曲、楽器に関する講義を行った。そのギムナジウムは1806年に音楽学校と提携するようになった。1806年12月にシュトゥットガルトに赴きカペルマイスターもしくは同等の職に就くことを希望したが、1807年4月にヴュルテンベルク王国の「楽団監督」(Direktor beim Orchester)に任用されるも翌1808年にビーベラハへ帰郷、その後の生涯をビーベラハで過ごした。

作品[編集]

作品集はビーベラハのヴィーラント=アルシーフ(Wieland-Archiv)、テュービンゲンエバーハルト・カール大学キック・コレクションに保管されている。主題別総カタログはラーデンブルガー(1984年)にある。

声楽曲[編集]

オペラと劇場作品[編集]

  • Die treuen Köhlerオペレッタ G.E. Heermann) 1786年
  • Jupiter und Ganymed (プロローグとエピローグ) 1783年
  • Die Entführung aus dem Serailコミック・オペラ C.F. Bretzner) 1787年
  • Der lahme Husar (コミック・オペラ F. Koch) 1788年
  • Der Schulz im Dorfe, oder der verliebte Herr Doctor (コミック・オペラ C.L. Dieter) 1789年
  • Der Kohlenbrenner (歌唱付きルシュトシュピール(喜劇) L. Ysenburg von Buri) 1789年
  • Der Musenchor (プロローグ Knecht) 1791年
  • Die Glockeメロドラマ F. Schiller) 1807年
  • Die Aeolsharfe, oder Der Triumph der Musik und Liebe (ロマンティック・オペラ N. Remmele) 1807年–1808年
  • Feodoreジングシュピール A. von Kotzebue) 1812年
  • Ubaldo付随音楽 Kotzebue) 1818年

管弦楽曲[編集]

  • Le portrait musical de la nature, ou Grande sinfonie (Pastoralsymphonie) (シュパイアー 1784年–1785年) H.W. HöhnenよりThe Symphony 1720–1840, series C, XIII (ニューヨーク 1984年)として現代版が出ている。この作品はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン交響曲第6番(田園)の標題を予言するものであり、高い評価を受けている。

室内楽曲[編集]

オルガン曲[編集]

  • Neue vollständige Sammlung ... für ... Klavier- und Orgelspieler (シュパイアー 1791年–1795年)
  • Die durch ein Donnerwetter unterbrochne Hirtenwonne (ダルムシュタット 1794年) H.W. Höhnenによる現代版 (ウィースバーデン 1982年)
  • 90 kurze und leichte neue Orgelstücke (アウスブルク 1794年)
  • Vollständige Orgelschule (ライプツィヒ 1795年–1798年/1989年) - ベートーヴェンはこの作品のコピーを所有していた。
  • Sammlung progressiver Orgelstücke (ビーベラハ 1805年)
  • Königlich württembergisches ... Choralbuch (シュトゥットガルト 1816年)
  • Caecilia (フライブルク 1817年–1819年)

クネヒトはヨハン・ゼバスティアン・バッハの『フーガの技法』を完成させているが(1803年)、これは散逸してしまっている。

ピアノ曲[編集]

  • 12の変奏 (ライプツィヒ 1785年)
  • Kleine praktische Klavierschule (ミュンヘン 1799年–1802年)
  • Kleine theoretische Klavierschule (ミュンヘン 1800年–1801年)
  • Bewährtes Methodenbuch beim ersten Klavierunterricht (フライブルク 1820年)

理論書[編集]

音楽理論の分野においてクネヒトはゲオルク・ヨーゼフ・フォーグラーの考えに賛同していた。

  • Erklärung einiger … missverstandenen Grundsätze aus der Voglerschen Theorie (ウルム 1785年)
  • Gemeinnützliches Elementarwerk der Harmonie und des Generalbasses 第1集 (シュパイアー 1792年)、第2集から第4集 (シュトゥットガルト 1793年–1797年)
  • Kleines alphabetisches Wörterbuch der vornehmsten und interessantesten Artikel aus der musikalischen Theorie (ウルム 1795年)
  • Knechts allgemeiner musikalischer Katechismus (ビーベラハ 1803年)
  • Luthers Verdienste um Musik und Poesie (ウルム 1817年)
  • Theoretisch-praktische Generalbassschule (フライブルク 1817年頃)

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • Lebensbeschreibung Herrn Justin Heinrich Knecht, evangelischen Schullehrers und Musikdirektors der freien Reichstadt Biberach, in Musikalische Real-Zeitung (10 February 1790, 17 February 1790, 24 February 1790)
  • F. Schlegel: Justinus Heinrich Knecht (Biberach, 1980)
  • 'M. Ladenburger: Justin Heinrich Knecht: Leben und Werk: thematisch-bibliographisches Verzeichnis seiner Kompositionen (dissertation, University of Vienna, 1984)
  • J. Eppelsheim: Justin Heinrich Knechts 'Orgelschule' als Zeugnis süddeutscher Vorstellungen von Orgelklang und Orgelspiel um 1800, in Beiträge zu Orgelbau und Orgelmusik in Oberschwaben im 18. Jahrhundert (Ochsenhausen, 1988)
  • H. Musch: Zu den Cantabile-Stücken in der Orgelschule von Justin Heinrich Knecht, in Beiträge zu Orgelbau und Orgelmusik in Oberschwaben im 18. Jahrhundert (Ochsenhausen, 1988)
  • H.M. Miller: Die Orgelwerke von Justin Heinrich Knecht (Munich, 1990)
  • H. Jung: Zwischen Malerey und Empfindung: zu den historischen und Ausdruck der ästhetischen Voraussetzungen von Justin Heinrich Knechts Le portrait musical de la nature (1785), in Studien zur Musikgeschichte: eine Festschrift für Ludwig Finscher, ed. A. Laubenthal and K. Kusan-Windweh (Kassel, 1995)

外部リンク[編集]