ヤーコプ・アルユーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤーコプ・アルユーニ
Jakob Arjouni
Arjouni.jpg
誕生 1964年10月8日
フランクフルト
死没 2013年1月17日(満48歳没)
ベルリン
職業 小説家劇作家
言語 ドイツ語
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 ドイツ・ミステリ大賞(1992)
処女作 『異郷の闇』 (1985)
親族 父:ハンス・ギュンター・ミヒェルゼン(劇作家)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ヤーコプ・アルユーニ(Jakob Arjouni、1964年10月8日 - 2013年1月17日)は、ドイツ小説家推理作家劇作家フランクフルト生まれ。ベルリン在住。父は劇作家のハンス・ギュンター・ミヒェルゼンドイツ語版(1920-1994)[1]

略歴[編集]

デビュー作の『異郷の闇』(1985年、原題『ハッピー・バースデー、トルコ人!』 Happy Birthday, Türke!)に始まるトルコ人私立探偵カヤンカヤ・シリーズでハードボイルド作家として高い評価を受け、各種メディアで「ドイツのレイモンド・チャンドラー」、「ドイツのダシール・ハメット」などと評された。シリーズ第3作の『殺るときは殺る』(1991年)は1992年のドイツ・ミステリ大賞でドイツ語作品部門第2位の栄誉に輝いている。また、『異郷の闇』はドイツの映画監督のドーリス・デリエによって映画化されている。

なお、フランクフルトで私立探偵を営むカヤンカヤのように作者のヤーコプ・アルユーニ自身もトルコからの移民の二世だという噂があったが、誤り[2]

ほかの代表作に長編小説『マジック・ホフマン』(未訳 Magic Hoffmann)などがある。

2013年1月17日、癌のためベルリンで死去[3]。48歳没。

主な作品[編集]

私立探偵カヤンカヤ・シリーズ

  1. Happy Birthday, Türke! (1985)
  2. Mehr Bier (1987)
  3. Ein Mann, ein Mord (1991)
    • 殺るときは殺る (訳:渡辺広佐、1997年7月、パロル舎、ISBN 489419161X
  4. Kismet (2001)
  5. Bruder Kemal (2012)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ハンス・ギュンター・ミヒェルゼンの作品は日本では『現代世界演劇5 実存的演劇』(白水社、1970年)に「番犬」が収録されている。
  2. ^ ボーフム・ミステリ・アーカイブの協力で作成されている「ドイツミステリ作家事典」(Lexikon der deutschen Krimi-Autoren)のヤーコプ・アルユーニの項目[1]参照
  3. ^ "Happy Birthday, Türke!": Jakob Arjouni ist tot SPIEGEL ONLINE 2013年1月18日閲覧

参考文献[編集]

  • ヤーコプ・アルユーニ『殺るときは殺る』(1997年7月、パロル舎) 訳者あとがき(渡辺広佐)

未訳作品の日本語タイトルは上記の文献に従った。

関連項目[編集]