ヤン・シュトゥルサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1915年

ヤン・シュトゥルサ(Jan Štursa、1880年5月13日 - 1925年5月2日)は、チェコ彫刻家。現代チェコ彫刻の創始者の一人。ヴィソチナ州の山岳地帯で生まれる。作品は綜合主義を採用していたため、ドイツ的と見られることもあった。晩年は梅毒に苦しみ、銃で自殺した。