ヤマネコノメソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヤマネコノメソウ
Chrysosplenium japonicum=yamanekonome01.jpg
ヤマネコノメソウ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ユキノシタ科 Saxifragaceae
: ネコノメソウ属 Chrysosplenium
: ヤマネコノメソウ C. japonicum
学名
Chrysosplenium japonicum (Maxim.) Makino
和名
ヤマネコノメソウ

ヤマネコノメソウ Chrysosplenium japonicum は、ネコノメソウ属の植物の1つ。匍匐茎を伸ばさず、葉や苞葉は丸っこい。

特徴[編集]

小型の多年生草本[1]。根出葉は全体で長さ2-7cmで柄にはまばらに柔らかな毛がある[2]。葉身は円腎形で幅15-25mm、縁は浅く切れ込む。葉身の基部は心形。花茎は高さ5-15cm、葉柄のように柔らかな毛がまばらに生える。花茎の基部はやや膨らみ、地上にも地下にも匍匐茎を出さないが、花が終わった後に楕円形で表面に毛の生えた珠芽を生じ、これによっても繁殖する[3]

は早春に[4]、5mm程度の淡緑色で集まって咲く、花弁はなく4枚の萼列片は扁円形で大きく開き、長さ約1mm。雄蘂は8か4あってごく短く黄色い葯がある。
さく果は5月頃に杯形に口を開ける。種子は黒くて楕円形、稜が1本走り、全体に表面を微細な突起が覆う。

分布と生育環境[編集]

北海道の西南部から九州まで広く分布するほか、国外でも朝鮮、中国東北地方にも産する。森林の林床から林縁や湿ったところ、低地の茂った石垣などにもみられる。本種は日本国内では分布域、生育環境共にもっとも幅広いものである[5]

分類[編集]

本属の中で葉が対生するものはヤマネコノメソウ節 Sect. Nephrophylloides とし、日本国内では4種がある。他の種は地上か地下に匍匐茎を出す[6]

種内の変異としてはヨツシベヤマネコノメ forma. tetrandrum が記載されており、雄蘂が4本であるほかに形態に若干の差があるとされるが、佐竹他(1982)は同一集団内に入り交じる例もあるなど区別は困難としている。

出典[編集]

  1. ^ 以下、記載は主として北村・村田(1961),p.139
  2. ^ 佐竹他(1982),p.160
  3. ^ 佐竹他(1982),p.160
  4. ^ 牧野(1961),p.236
  5. ^ 佐竹他(1982)P.160-161
  6. ^ 佐竹他(1982)P.158

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本II 離弁花類』,(1982),平凡社
  • 北村四郎、村田源 『原色日本植物図鑑・草本編 II』、(1961)、保育社
  • 牧野富太郎、『牧野 新日本植物圖鑑』、(1961)、図鑑の北隆館