コンテンツにスキップ

ヤナ・ジンケビッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヤナ・ヴァディミヴナ・ジンケビッチ
Яна Вадимівна Зінкевич
2019年に開催されたディフェンダーズの行進に参加するヤナ・ジンケビッチ
生年月日 (1995-07-02) 1995年7月2日(29歳)
出生地  ウクライナリウネ州リウネ
出身校 ドニプロ国立医科大学
前職 軍医
ウクライナ義勇軍 医療大隊ホスピタリテ 創設者兼司令官
現職 最高議会議員
所属政党 ヨーロッパの連帯
配偶者 マキシム・コラブリョフ
(2016年5月 - 2016年11月)
子女 ボーダナ

在任期間 2019年8月29日 - 在職中
テンプレートを表示

ヤナ・ヴァディミヴナ・ジンケビッチウクライナ語: Яна Вадимівна Зінкевич1995年7月2日 - ) は、ウクライナ政治家軍人軍医である。

経歴

[編集]

ヤナ・ジンケビッチは1995年7月2日ウクライナ共和国の北西部に位置するリウネ州の州都リウネにて生まれる[1]。ヤナはリウネにある教育複合施設(NEC)を卒業し、2017年にドニプロ国立医科大学に入学した[要出典]

ホスピタルテの創設

[編集]

ウクライナ義勇軍に所属している医療大隊ホスピタルテは、2014年7月6日に当時18歳だった医療ボランティアのヤナ・ジンケビッチによって設立された。この日、ドンバス戦争によってウクライナ軍及びウクライナ義勇軍とロシア軍がカルリブカ村とピスキー村を巡る激しい戦闘の後、中世のホスピタラー騎士団たちになんで名付けられた医療部隊「ホスピタリエ」が創設された。この大隊は右派ウクライナ義勇軍団の一部となり、ジンケビッチは右派DUKの医療現場サービス全体の司令官に任命された[要出典]

事故による負傷

[編集]

治療中のヤナ・ジンケビッチ

ドンバス戦争下の2015年12月にヤナ・ジンケビッチは自動車事故で重傷を負った。その結果、彼女は麻痺し、それ以降は車椅子を使用している。

100人の女性(BBC)に選出

[編集]

2022年に英国放送協会(BBC)はヤナ・ジンケビッチを「BBCが選ぶ100人の女性」に選んだ[2]

議員

[編集]

ヤナ・ジンケビッチは2019年7月の議会選挙で、ヨーロッパ連帯党からウクライナ最高議会議員に選出された。8月、ジンケビッチが最高議会に新設された退役軍人問題に関する委員会の委員長を務めることが判明した[要出典]。彼女はまた、ウクライナ連邦議会の第9回召集(2019年8月29日より)の国民健康・医療・健康保険委員会の書記にも選出された[要出典]。また、軍事医学小委員会委員長も兼務している。

脚注

[編集]
  1. ^ Паркова сторінка Imena.UA” (ロシア語). kolegium.rv.ua. 2023年12月22日閲覧。
  2. ^ 【フェア】『世界を旅するわたしたち』 本で!足で!心で!”. 代官山T-SITE. 2023年12月22日閲覧。