モーリス・ブロンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モーリス・ブロンデルMaurice Blondel, 1861年11月2日 - 1949年6月4日)は、フランス哲学者

キリスト教哲学のコンテクストのもとで、古典的なネオプラトニズムの思想と現代的なプラグマティズムの思想とを統合し、一種の行為の哲学を展開した。ブロンデルによれば、有限性を超えるものにあこがれる人間の思慕は、単なる行為によっては満足させることができない。それを満足させられるのはだけであり、それゆえブロンデルは神を「最初の原理にして最後の名辞」と呼ぶ。

生涯[編集]

1881年パリ高等師範学校に入学。1893年、博士論文「行為―生の批判と実践の学の試み」にラテン語の副論文は「ライプニッツにおける実体的紐帯と合成実体について」(De vinculo substantiale et de substantia composita apud Leibnitium) を添えて提出。1895年リール大学講師に着任。翌年エクス=アン=プロヴァンスのエクス・マルセイユ大学に転任し、1897年に教授となる。

1894年に結婚した妻のローズ・ロワイエに1919年に先立たれる。1927年、健康上の理由により大学を辞す。1934年から1937年にかけて『思惟』『存在と諸存在者』『行為』の三部作を口述筆記により完成。さらに1944年から1946年にかけて『哲学とキリスト教精神』を刊行した。

1949年、エクス=アン=プロヴァンスで死去。

著作[編集]

全集[編集]

  • Maurice Blondel: Oeuvres complètes. Paris, PUF, 1995-(現在第2巻まで刊行されている)

著書[編集]

  • 1893年 L'Action. Essai d'une critique de la vie et d'une science de la pratique. 増永洋三訳『行為 1893 生の批判と実践の学の試み』創文社、1990年
  • 1893年 De vinculo substantiali et de substantia composita apud Leibnitium.
  • 1896年 Lettre sur les exigences de la pensée contemporaine en matière d'apologétique et sur la méthode de la philosophie dans l'étude du problème religieux.
  • Recherches sur quelques combinaisons du platine
  • 1923年 Léon Ollé-Laprune. L'Achèvement et l'Avenir de son oeuvre.
  • 1928年 L'itinéraire philosophique de Maurice Blondel, propos recueillis par Frédéric Lefèvre.
  • 1930年 Une énigme historique. Le 'Vinculum substantiale', d'après Leibniz et l'ébauche d'un réalisme supérieur.
  • 1932年 Le problème de la philosophie catholique.
  • 1934年 La Pensée. 2 tomes.
  • 1935年 L'Étre et les êtres.
  • 1936年 L'Action. Tome I. Le problème des causes secondes et le pur agir.
  • 1937年 L'Action. Tome II. L'action humaine et les conditions de son aboutissement.
  • 1839年 Lutte pour la civilisation et philosophie de la paix.
  • 1944年 La Philosophie et l'esprit chrétien. Tome I. Autonomie essentielle et connexion indéclinable.
  • 1946年 La Philosophie et l'esprit chrétien. Tome 2. Conditions de la symbiosé seule normale et salutaire.
  • 1950年 Exigences philosophiques du christianisme.
  • 1956年 Les premiers écrits de Maurice Blondel.
  • 1957年 Maurice Blondel et Auguste Valensin. Correspondance, 1899-1912.
  • 1961年 Carnets intimes.
  • 1965年 Blondel et Teilhard de Chardin. Correspondance, commentée par Henri de Lubac.
  • 1966年 Carnets intimes II (1894-1949).
  • 1999年 Mémoire à monsieur Bieil. Discernement d'une vocation philosophique, présentation de Michel Sales, texte établi par Emmanuel Tourpe.

外部リンク[編集]