モーリス・ファルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モーリス・ファルマン(1909年)

モーリス・アラン・ファルマンMaurice Alain Farman1877年3月21日 - 1964年2月25日)は、フランスのグラン・プリ自動車レースチャンピオン、飛行士航空機設計・製作者である。イギリス人の両親のもとにパリで生まれ、兄のディックアンリとともにヨーロッパの航空の重要な先駆者となった。

大日本帝国海軍水上機母艦若宮」所属の2機のモーリス・ファルマン水上機青島1914年

兄のアンリとともにタンデム自転車レースのチャンピオンとなったモーリス・ファルマンは、パナール自動車によるレース参加を開始し、1901年の「グラン・プリ・ド・ポー」(Grand Prix de Pau 、「グラン・プリ」と呼ばれる最初のレース)に優勝した。また1902年5月には、パリ・アラス間を往復する「シルキュイ・ドゥ・ノール(Circuit du Nord)」レースにも勝った。同じ年、パリからウィーンへのレースにも参加し、マルセル・ルノーによって優勝した。しかし、モーリスの関心はすぐに動力飛行に移り、1909年には航続時間と速度の世界記録を作った。モーリスは飛行機の製作を開始し、1912年には兄のアンリの事業と合体させてファルマンを設立した。

モーリス・ファルマンは、1964年にパリで亡くなった。モーリスは生涯、飛行士ライセンスを得ようとしなかった。

日本にはモーリス・ファルマンの設計した初期型の飛行機が、明治晩年から大正初期にかけて数多く輸入され、航空機の国産化を促した。

外部リンク[編集]