モンテロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モンテロ市
Montero
ボリビアの旗
座標 : 南緯17度20分 西経63度23分 / 南緯17.333度 西経63.383度 / -17.333; -63.383
行政
 ボリビア
 県 サンタ・クルス県
 郡 サンティステバン
 市 モンテロ市
市長 ロナルド・ニエメ・メンデス
地理
面積  
  市域 19 km2
標高 298 m
人口
人口 (2006年現在)
  市域 90,837人
    人口密度   4,780人/km2
その他
等時帯 ボリビア標準時 (UTC-4)

モンテロ(Montero)は、ボリビアサンタ・クルス県にある市。サンタ・クルス・デ・ラ・シエラから50kmに位置し、人口は90,837人(2005年推定値)。

ボリビア国内では砂糖アルコールの生産地として有名で、「グアビラ (Guabirá)」という製糖工場がある。その他には、大豆綿花トウモロコシなどの農産物もとれる。

1912年12月4日に法律でモンテロという町の名前が制定された。この名前は、独立戦争とインガビの戦いで活躍したマルセリアーノ・モンテーロ大佐 (Coronel Marceliano Montero)にちなんでつけられたものである。1986年12月3日に市に昇格した。

年平均気温は24.5度で、若干乾燥しているが温暖な気候である。7月が最も寒い時期で、12月が最も暑くなる。

サンタ・クルス県はボリビア国内で近年人口の伸びが著しいが、モンテロはその中でも最も人口増加率が高い市である。