モチーフ (生物学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生物学におけるモチーフ(仏: motif)とは、規則正しく繰り返される幾何学的な装飾模様の単位、またはその組み合わせである。

モチーフ(仏: motif)とは、動機理由主題を意味するフランス語の音訳であり、生地のモチーフという意味から模様という意味がうまれ、生物学的な模様構造の意味でも用いられている。繰り返し単位、または、特徴が共通して見られる単位であり、配列であったりする。

構造生物学におけるモチーフ[編集]

タンパク質の構造モチーフは、二次構造の規則的な幾何学的空間配置(超二次構造)であったり、 機能的、構造的にひとまとまりであるドメインであったりする。

参考文献[編集]

  • Carl Branden, John Tooze 『タンパク質の構造入門』第2版、 東京:ニュートンプレス、2000年、ISBN 4315515604:模式図とトポロジー図を用いた、モチーフについての丁寧な解説。

関連項目[編集]