メルセデス・ベンツ M156エンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M156

メルセデス・ベンツ M156エンジンは、メルセデス・ベンツのチュニング部門であるAMGV型8気筒エンジンの系列である。

技術情報[編集]

2006年、メルセデス・ベンツ EクラスE 63 AMG に最初に搭載された。最終的にメルセデス・ベンツ SLクラスまで搭載され、メルセデス・ベンツのほとんどの過給型M113エンジンはM156エンジンに置き換えられ、それに伴い 55 AMG 系列は 63 AMG 系列となった。

M156 は 6,208cc の総排気量で、336~386 kW (457~525PS) の最高出力を発生する。カムシャフトは吸排気側ともに位相変化機構が搭載されている。エンジンは1人の技術者により組み立てられ、ヘッドカバーに技術者のサインが入ったプレートが装着される。

2010年、M156 の後継としてツインターボチャージャーを搭載した M157が登場した。排気量のダウンサイジングと過給により、M156より効率的なエンジンとなった。

2011年7月29日、「C63 AMG」「C63 AMG ステーションワゴン」がマイナーチェンジされたと同時に「C63 AMGクーペ」がラインナップに加わったが、M157ではなく引き続き M156 が採用された。

データ[編集]

エンジン型式 総排気量 cc ボア×ストローク mm 最高出力 kW(PS)/rpm 最大トルク Nm/rpm 圧縮比 エンジンコード 搭載モデル
M 156 E 63 6,208 102.2 × 94.6 336 (457) / 6,800 600 / 5,000 11.3 156.985 C 63 AMG (W/S/C 204)
354 (481) / 6,800 630 / 5,000 156.982 CLK 63 AMG (C/A 209)
373 (507) / 7,200 630 / 5,250 CLK 63 AMG Black Series (C 209)
375 (510) / 6,800 630 / 5,200 156.980 ML 63 AMG (W 164)
R 63 AMG (W/V 251)
378 (514) / 6,800 156.983 CLS 63 AMG (C 219)
378 (514) / 6,800 E 63 AMG (W/S 211)
386 (525) / 6,800 156.984 CL 63 AMG (C 216)
S 63 AMG (W/V 221)
SL 63 AMG (R 230)
E 63 AMG (W/S 212)

M159[編集]

M159

メルセデス・ベンツ SLS AMG は M156 をベースに M159 と呼ばれるエンジンが搭載された。最高出力は 420 kW (571 PS) に増加し、最大トルクは 650 Nm に達した。アルミニウムのクランクケース、マグネシウムのインテーク、鍛造ピストン、ドライサンプ方式が採用された。

関連項目[編集]