メゾスコピック領域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メゾスコピック領域(—りょういき)とは中間を意味する用語であり、物質科学では「バルク」と「ミクロ」の中間領域である5 –100 nmを指す。より一般的には、メゾスコピック(mesoscopic)な領域は、巨視的/マクロ(macroscopic)な領域と微視的/マイクロ(microscopic)な領域の中間に位置づけられる領域のことをいう。物質科学では、現在では、ナノテクノロジーに代表される、サイズ領域とほぼ同義に用いられる。電子物性分野では電子エネルギーバンドにおいてナノメーターからサブミリメーターにいたるまでの最も高い電磁力を受ける領域を指す。

概要[編集]

ナノユニットの集合によりメゾシステムを形成する。ナノユニットが集合、分散で形成されるメゾスケールの動的システムの科学をメゾ科学という[1][2]。近年、分子の集積により多様な現象、機能を示す「メゾ領域の科学」が脚光を浴びつつある[1]

細胞間のシグナル伝達や高分子自己組織体、多孔性物質の協同的構造変化や、分子やイオンの複合体であるコロイドミセル分子膜などを対象とする[3]

課題[編集]

  • 統計力学での記述が困難
  • ばらつきが大きい
  • 時間的揺らぎが大きい

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]