メジュゴリェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
メジュゴリエから転送)
移動先: 案内検索
メジュゴリエ

メジュゴリェMeđugorje)は、ボスニア・ヘルツェゴビナ南部ヘルツェゴビナ・ネレトヴァ県の小さな町である。その地名の由来は、山々の間の地、から。海抜200メートルほどであり、温暖な地中海性気候である。住民の大部分が民族的にはクロアチア人で、人口は4000人ほど、現地のカトリックの教区は、メジュゴリエ、ヴィヤコヴィチ、ヴィオニツァ、ミレティナ、シュルマンツィの5つの隣りあった村落からなる。

ここで1981年以来、聖母マリアの出現が起きた、と主張する者たちがいる。カトリック教会の調査の結果、ジャニッチ司教は公認しない姿勢を明らかにし、後任のラトゥコ・ペリッチ司教は2004年5月31日、メジュゴリエの聖母は未認可、未認可の幻視に対する個人ならびに公的な巡礼は禁止されている、とする、事実上の禁止をほのめかす声明を出している。[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]