メアリー・デッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メアリー・デッカー( Mary Decker 、1958年8月4日 - )(現在の氏名は「 Mary Slaney 」、誕生時の本名は「 Mary Teresa Decker 」)は、アメリカ陸上競技女子中距離走長距離走選手である。1982年アメリカアマチュアスポーツの最高権威とされるジェームスサリバン賞を受賞する。

主な成績[編集]

プロフィール[編集]

  • 1980年代前半、女子中長距離で当時全盛期だった東欧勢に対等な戦いを挑み、ヘルシンキ世界陸上選手権では1500m、3000mで激戦の末、東欧勢を下し、ともに優勝したことが特筆される。
  • 1984年ロサンゼルスオリンピックでは1500mには出場せず、あえて3000mの1種目のみにしぼっての出場となり、金メダルの最有力候補であった。しかしレース途中、南アフリカ出身のゾーラ・バッド英国)との接触事故で転倒し、途中棄権に追い込まれた。
  • 1976年モントリオールオリンピックは故障、1980年モスクワオリンピックは米国のボイコットにより、五輪2大会を続けて欠場。その後1988年ソウルオリンピックと、1996年アトランタオリンピックにも出場したが、結局念願の五輪メダル獲得はならず、悲劇のヒロインと言われた。
  • 私生活では1981年にマラソンランナーのロン・タブと結婚したが2年後に離婚。1985年に円盤投げ選手のリチャード・スレイニーと再婚している。日本のマスコミでの呼び方は初婚時は「メアリー・デッカー・タブ」、再婚後は「メアリー・デッカー・スレイニー」となっていた。
  • 女優なみのルックスのブロンド美人でアメリカ国内はもとより、世界的に人気の高い選手でもあった。

外部リンク[編集]