ムハンマラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムハンマラ
Muhammara.jpg
オリーブ油、ミントの葉、クルミを添えたムハンマラ
フルコース ディップ
発祥地 アレッポ, シリア
主な材料 赤唐辛子、クルミ、パン粉、レモン汁、ザクロの糖蜜、赤唐辛子ペースト、食塩、オリーブ油、クミン
テンプレートを表示

ムハンマラ(Muhammara、アラビア語: محمرة‎)は、シリアアレッポが起源の[1]辛い唐辛子のディップである。レバント料理トルコ料理で見られる。トルコ西部では、acukaと呼ばれる。

材料[編集]

基本的な材料としては、新鮮または乾燥したアレッポペッパー、挽いたクルミパン粉オリーブ油である。ニンニク食塩レモン汁、ザクロの糖蜜、クミン等のスパイスが加えられることもある。ミントの葉が飾られることもある。

利用[編集]

パンのディップやトーストのスプレッド、肉や魚をグリルしたケバブのソースとして用いられる[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Culinary Institute of America (2008). Garde Manger: The Art and Craft of the Cold Kitchen (Hardcover ed.). Wiley. p. 53. ISBN 0-470-05590-1. http://books.google.com/books?id=6sp2LXkyEvMC&pg=PA53&dq=Muhammara+syria&hl=en&ei=qLUjTaz9GYycOqzYiYsJ&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=3&ved=0CC0Q6AEwAg#v=onepage&q=Muhammara%20syria&f=false. 
  2. ^ Muhammara Archived 2007年6月9日, at the Wayback Machine.