ムハンマド・ビン・サバーハ・アッ=サバーハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムハンマド・ビン・サバーハ=アッ・サバーハ1831年 - 1896年5月17日)は第6代目クウェート首長(在位:1892年―1896年)でサバーハ家当主。父はサバーハ2世。兄はアブドゥッラー2世。弟はジャウラッハー、ムバーラク大首長

兄の跡を継いで首長に就任。弟のムバーラクとは犬猿の仲であり、ムバーラクはインドボンベイに出国。しかし、後にムバラクは舞い戻り、ムハンマドは弟を冷遇した。ムバーラクは公衆の面前で侮辱されたのを機会に1896年5月17日にクーデターを起こし、ムハンマドは暗殺される。首長位はムバラクが継承。

なおムハンマドの子息はその後も健在であり、2002年当時の石油相・情報相のサウード・ビン・ナセル=アッ・サバーハはムハンマドの曾孫にあたる。ちなみに1963年制定の憲法によりムハンマドの子孫は首長位継承権は持たない。

参考文献[編集]