コンテンツにスキップ

サバーハ3世・アッ=サバーハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サバーハ3世
صباح الثالث
クウェート首長
在位 1965年11月24日 - 1977年12月31日

全名 صباح السالم الصباح
サバーハ・アッ=サーリム・アッ=サバーハ
出生 1913年
クウェートクウェート市
死去 1977年12月31日
クウェートの旗 クウェートクウェート市
家名 サバーハ家サーリム家系
父親 サーリム・アル=ムバーラク・アッ=サバーハ
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

サバーハ3世・アッ=サーリム・アッ=サバーハアラビア語: صباح الثالث السالم الصباح‎, ラテン文字転写: Sabāh al-Thalith as-Sālim as-Sabāh1913年 - 1977年12月31日)は第12代クウェート首長(在位:1965年11月24日 - 1977年12月31日)。父は第9代首長サーリム

生涯

[編集]

1963年にクウェートが一院制議会の立憲君主制となると太子兼務のまま初代首相に就任し、1965年に兄アブドゥッラー3世の後の首長位を継承した。1968年1月にリビアサウジアラビアとともにアラブ石油輸出国機構を結成し、本部がクウェート市に設置される。同年5月にはイギリスとの相互防衛条約を破棄した。

首長位は第10代首長であるアフマド首長の子ジャービル家系のジャービル3世が継承した。

家族

[編集]

四男で1955年生まれのムハンマド・サバーハ・アッ=セーラム・アッ=サバーハ英語版は副首相、外相、財務相、駐米大使を歴任している[1]

脚注

[編集]

参考文献

[編集]
  • 『世界歴代王朝王名総覧』東洋書林、1998年9月30日
  • 広瀬隆『世界石油戦争』NHK出版、2002年6月30日