ムスクケトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ムスクケトン
Musk Ketone[1]
識別情報
CAS登録番号 81-14-1
特性
化学式 C14H18N2O5
モル質量 294.3 g mol−1
外観 淡黄色の板状または粉末状結晶
匂い ムスク香
融点

137 °C, 410 K, 279 °F

への溶解度 不溶
溶解度 水、テルペン、プロピレングリコールに不溶、アルコールに難溶。
危険性
引火点 114℃
半数致死量 LD50 >5g/kg(ラット経口、ウサギ経皮とも)
関連する物質
関連するニトロムスク ムスクキシレン
ムスクアンブレット
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ムスクケトン: Musk Ketone)は、化学式C14H18N2O5で表される合成ムスクの一種。

用途[編集]

天然ムスクに良く似た香りを持ち、石鹸化粧品などに好ましい粉っぽさを与える目的で使用されるほか、食品用フレーバーとしてもキャンディチューインガムに少量使用される場合がある[1]。光により着色することがある[2]

合成[編集]

m-キシレン塩化アルミニウム触媒としてイソブテンtert-ブチル化することにより得た5-tert-ブチル-m-キシレン[2]塩化アセチルアセチル化させたのち、硝酸硫酸の混酸でニトロ化することにより得られる[1]

安全性[編集]

ニトロ化合物であり、日本の消防法では危険物第5類(自己反応性物質)に分類される[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『合成香料』
  2. ^ a b 『香料の物質工学』
  3. ^ 第5類 自己反応性物質広島大学環境安全センター)

参考文献[編集]