ムクンダ・シャラン・ウパデアーエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムクンダ・シャラン・ウパデアーエ
現地語名 Mukunda Sharan Upadhyaya
मुकुन्दशरण उपाध्याय
誕生 (1940-04-17) 1940年4月17日(81歳)
ネパールポカラ、ヘムジャ
職業 教授
国籍 ネパールの旗 ネパール
市民権 ネパール
主な受賞歴 マダン賞(1964年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ムクンダ・シャラン・ウパデアーエネパール語:मुकुन्द शरण पउाध्याय)は、ネパール出身の詩人言語学者1940年4月17日ポカラ近郊のヘムジャで生まれた。著書『プラクリット・ポカラप्राकृत पोखरा)』で、1964年マダン賞を受賞した[1]

経歴・人物[編集]

ウパデアーエはポカラで1940年4月17日、父パンディット・ダシャラス・ウパデアーエと母ケシャール・クマリ・ウパデアーエの息子として生まれた。トリブバン大学で芸術の修士号を取得して卒業後、著書『プラクリット・ポカラप्राकृत पोखरा)』で、1964年のマダン賞を受賞した。ウパデアーエは多数のネパール語サンスクリット語の本を執筆しており、ネパール語・サンスクリット語文学に重要な貢献をしたため、ネパール政府とインド政府の両方から認められた文学者である。

ウパデアーエの物語「Jhagada Ko Okhati」は有名で、その翻訳版はバングラデシュの学校のカリキュラムでも教えられている[2]

脚注[編集]