ミーゼス研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミーゼス研究所
Coat of arms of von Mises.gif
標語 オーストリア学派経済学、自由と平和
設立 1982年
種類 公共政策シンクタンク
所在地
代表 ジェフ・ディースト
ウェブサイト [1]
テンプレートを表示

ミーゼス研究所( Mises Institute )は、オーストリア学派経済学を広める目的で作られ、オーストリアの経済学者ルートヴィヒ・フォン・ミーゼスの名をとって命名されたシンクタンクである[1]リバタリアニズム無政府資本主義、オーストリア学派経済学の研究者が所属している。

概略[編集]

ミーゼス研究所は、リバタリアン経済学者のマレー・ロスバードとリバタリアン系シンクタンクケイトー研究所の間で1980年代初期に起こった論争の後、ロスバードと彼の支持者を中心に1982年に設立された[2]

設立理念は「古典的自由主義、リバタリアニズムの政治理論、オーストリア学派経済学の教育と研究」であると述べられている[3]

ミーゼス研究所には設立当初からいる16人と、後に国内外から加わった70人のスタッフがいる。

主張[編集]

いかなる形態の政府も抑圧的であり、富の創造にとって有害だと主張している[4]。また、知的財産権に反対している[5]

基本的にリバタリアニズムの立場をとるが、文化面において保守的な立場をとることがある。例えば、移民制限の支持や、2016年大統領選挙におけるドナルド・トランプ候補への共感や、道徳問題における保守派への共感などが挙げられる[6]。このように、伝統的価値観を賞揚するリバタリアンはパレオ・リバタリアンと言われる。

主な在籍者[編集]

出典は研究所ウェブサイト[7]

ウォルター・ブロック英語版

(無政府資本主義を唱える経済学者)

ハンス・ヘルマン・ホッペ英語版

(パレオ・リバタリアン、ネヴァダ大学教授)

ヘスース・ウエルタ・デ・ソト

(スペインのレイ・フアン・カルロス大学教授)

ゲイリー・ノース

(キリスト教再建主義者の経済学者)

ロン・ポール

(医者、政治家)

トーマス・ウッズ英語版

(歴史家、政治アナリスト)

マレー・ロスバード

(無政府資本主義の創始者、1995年没)

ジョセフ・ソブラン英語版

(ジャーナリスト、保守主義からの転向者、2010年没)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]