ミンタカ峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミンタカ峠
Summit of Mintaka Pass. 1918.JPG
ミンタカ峠(1918年撮影)
標高 4,706 m
所在地 パキスタンの旗 パキスタン中華人民共和国の旗 中国
位置 北緯36度56分45秒 東経74度53分06秒 / 北緯36.94583度 東経74.88500度 / 36.94583; 74.88500座標: 北緯36度56分45秒 東経74度53分06秒 / 北緯36.94583度 東経74.88500度 / 36.94583; 74.88500
山系 カラコルム山脈
テンプレートを表示

ミンタカ峠(ミンタカとうげ)は、パキスタンアフガニスタン中華人民共和国の3国の国境交会部の近くに位置する峠である。標高は4,706メートルであり、カラコルム山脈パミール高原との接点にあたるアギール山脈の中にある。ミンタカ峠は、現在の新疆ウイグル自治区南西端のオアシス交易都市として栄えたタシュクルガンから、フンザギルギットを経てカシミールに至る最短路上に位置し、古くから中央アジアインドとを結ぶ交易路として利用されてきた。5世紀初めには法顕がミンタカ峠を通り、1902年に第1回大谷探検隊がここを通ってタシュクルガンからスリーナガルに出ている。

1978年カラコルム・ハイウェーがミンタカ峠東方のクンジェーラブ峠を通過するルートで完成してからは、ミンタカ峠の交通上の重要性は著しく低下した。