ミヤママタタビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤママタタビ
Actinidia kolomikta 02.JPG
紫紅色を帯びた葉
福島県会津地方 2009年7月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツバキ目 Theales
: マタタビ科 Actinidiaceae
: マタタビ属 Actinidia
: ミヤママタタビ
Actinidia kolomikta
学名
Actinidia kolomikta (Maxim. et Rupr.) Maxim.
和名
ミヤママタタビ(深山木天蓼)

ミヤママタタビ(深山木天蓼、学名:Actinidia kolomikta)は、マタタビ科マタタビ属に属する落葉つる性木本雌雄異株

特徴[編集]

つる性のは他の樹木や岩などにからみつき、よく分枝する。枝は無毛であるが若枝には淡褐色の軟毛がつく。は薄く紙状で長さ4-7cmの葉柄をもって枝に互生する。葉の形は倒卵形、楕円形または広卵形で、葉先は短鋭尖頭で基部は円形になり、葉身は長さ7-12cm、幅4-8cmになり、縁には細鋸歯がつく。

花期は6-7月、雄花、雌花とも径1-1.5cmになり、若枝の下部の葉腋に1-3個のをつける。花は5弁花まれに4弁花で白色、花弁の長さは7-8mmになる。秋に、長さ2cmの長楕円形の果実をつける。果実は黄緑色に熟し、多数の種子が入る。

花期には枝の先につく葉の表面の上半分以上、ときに表面のほとんどが白化し、花が終わる頃には紫紅色を帯びるのが特徴。近縁のマタタビは、白色になるが紫紅色にはならない。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州中部以北に分布し、山中に自生する。東アジアでは樺太、南千島、アムール、中国に分布する。

利用[編集]

果実は甘酸っぱく生食に利用され、果実酒としても利用される。また、マタタビとは違い、ネコ科の動物が特別な反応をみせることはない。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔他編『日本の野生植物 木本Ⅰ』(1989)平凡社