マタタビ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マタタビ属
Actinidia-kolomikta.JPG
ミヤママタタビA. kolomikta
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツバキ目 Theales
: マタタビ科 Actinidiaceae
: マタタビ属 Actinidia
学名
Actinidia Lindl.
  • 本文参照

マタタビ属(木天蓼属、Actinidia)は、植物の分類群のひとつ。マタタビ科に属する。

概要[編集]

低木、またはつる植物アジア東部に約40から60種が分布する。日本では4種が自生する。キウイフルーツ中国原産で、食用のため品種改良されニュージーランドなどから輸入され、日本で多く栽培されている。

日本の主な種[編集]

  • シマサルナシ Actinidia rufa (Siebold et Zucc.) Planch. ex Miq.
  • サルナシ Actinidia arguta (Siebold et Zucc.) Planch. ex Miq.
    • サビサルナシ Actinidia arguta (Siebold et Zucc.) Planch. ex Miq. f. rufinervis (Nakai) Sugim.
    • ウラジロマタタビ Actinidia arguta (Siebold et Zucc.) Planch. ex Miq. var. hypoleuca (Nakai) Kitam.
  • マタタビ Actinidia polygama (Siebold et Zucc.) Planch. ex Maxim.
  • ミヤママタタビ Actinidia kolomikta (Maxim. et Rupr.) Maxim.
  • キウイフルーツ(オニマタタビ、シナサルナシ) Actinidia chinensis Planch.
  • タイワンサルナシ Actinidia callosa Lindl.

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]