ミッチ・ハルパーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ミッチ・ハルパーンMitch Halpern1967年7月14日2000年8月20日)は、アメリカ合衆国のプロボクシングレフェリーである。本名はMitchell Howard Halpern1990年代を代表する名レフェリーとして親しまれた。

来歴[編集]

リチャード・スティールに弟子入りし、1991年にレフェリーデビュー。

以来、マイク・タイソンレノックス・ルイスオスカー・デ・ラ・ホーヤらビッグマッチのレフェリーを務め、世界戦だけでも87戦にも上る。

2000年3月12日、日本で行われたWBA世界ライト級タイトルマッチ坂本博之 vs. ヒルベルト・セラノを裁いた。

同年8月20日、33歳の若さで逝去。猟銃自殺とも言われている。