ミソデンドルム科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミソデンドルム科
Misodendrum punctulatum.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ビャクダン目 Santalales
: ミソデンドルム科 Misodendraceae
学名
Misodendraceae J.Agardh (1858)[1]
タイプ属
Misodendrum Banks ex DC.
英名
feathery mistletoes[2]
Misodendrum punctulatum

ミソデンドルム科学名 : Misodendraceae[3]は、ビャクダン目に属する被子植物の一つ。ミソデンドロン科とも呼ばれる[4]ヤドリギ科オオバヤドリギ科と同様、宿主とする樹木のを下ろして半寄生する寄生植物である[4]チリアルゼンチンの南部のみに自生し、宿主は、主にナンキョクブナ属であるが、カバノキ科の植物に寄生する種もある[5][4]

学名は「木」と「上に」というギリシャ語に由来し、果実に生える剛毛が「羽毛」のように見えることから「羽根の生えたヤドリギ (feathery mistletoe)」と言う通称がある[4]

分類[編集]

本科には ミソデンドルム属[3] Misodendrum 1属のみが認められている。5に8種が属する[5]

系統[編集]

次のような系統樹が得られている[5]



Telophyllum




Angelopogon




Archiphyllum




Heterophyllum



Misodendrum






脚注[編集]

  1. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2009). “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG III” (PDF). Botanical Journal of the Linnean Society 161 (2): 105–121. doi:10.1111/j.1095-8339.2009.00996.x. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1095-8339.2003.t01-1-00158.x/pdf 2013年7月6日閲覧。. 
  2. ^ Heywood, Vernon H.; Brummitt, R.K.; Culham, Alastair; Seberg, Ole (2007). Flowering Plant Families of the World. Firefly Books. pp. 215. ISBN 978-1-55407-206-4. 
  3. ^ a b 大場秀章編著『植物分類表』アボック社、2009年11月2日(2010年4月20日初版第2刷(訂正入))、106頁、ISBN 978-4-900358-61-4
  4. ^ a b c d キャロール・グレーシ 「ミソデンドロン科」『週間朝日百科 植物の世界40 ラフレシア ツチトリモチ』岩槻邦男ら監修、朝日新聞社、1995年、4-117-118頁。
  5. ^ a b c Vidal-Russell, Romina, and Daniel L. Nickrent. (2007). “A molecular phylogeny of the feathery mistletoe Misodendrum”. Systematic Botany 32 (3): 560-568. doi:10.1600/036364407782250643. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]